プチプラファッションは、今や欠かせないブランドですよね。
しかし高見えアイテムもたくさんありますが、中には安見えするアイテムもあるみたい。

そこで今回は、隣を歩きたくなくなる「安見えファッション」4選を、紹介していきます。

(1)生地が薄い

『テロテロのやつ』(32歳/証券)

生地がペラペラで薄いと、どうしても安っぽく見えてしまうもの。
それがデザインだとしても、安く見えてしまえば同じことです。

素材ではなく素材感に気をつけて購入するようにしましょう。
生地がしっかりしているように見えるだけで、高見えしますよ。

(2)シワになっている

『スカートとか少し座っただけでシワシワになっていると安っぽい』(26歳/企画)

少し座っていただけでもシワになる素材ってありますよね。
シワになりやすいと、どうしても安っぽく見えてしまうもの。

とくに長時間座るドライブデートなどの時は、シワになりやすい服は避けたほうが無難。
ポリエステルが混紡されているものだとシワになりにくいので、購入時に素材を確認するといいかも。

(3)生地が伸びている

『首元がヨレヨレになっていると、安物かなって思うよね』(30歳/不動産)

襟元や袖口、裾の生地が伸びている、またはヨレていると、安っぽいと思われます。
どんなに高い服だったとしても、生地が伸びていると安見えするもの。

安い服はもちろんのこと、高い服であってもお手入れはきちんとするようにしましょう。
洗濯やアイロン掛けに気をつければ、長く着られますよ。

(4)流行遅れ

『トレンド色が強いのに、少し前のトレンド物だと安っぽく見える』(27歳/アパレル)

プチプラアイテムはトレンドを重視しているアイテムが多いですよね。
すぐに次のトレンドがやってくるので、トレンド物はプチプラで購入する人も多いと思います。

だからこそ流行が少し遅れているものは安く見えるもの。
また中途半端なトレンド物もチープな印象になりますよ。


プチプラでも高見えさせるには、選び方や取り入れ方が大事。
高い服でも、コーデの仕方が悪いと安見えすることも……。

少し気をつけるだけで安見えは避けられるので、デート前は全身をチェックしてみてくださいね。

(恋愛jp編集部)