どんなに魅力的な容姿をしていても、コーデがダサいとそれだけで恋愛対象から外されてしまうかも……。
好きな人に「ダサい」って思われたら悲しいですよね。

そこで今回は、女性の魅力が半減する「ダサ見えコーデ」を4つ紹介していきます。

(1)柄×柄コーデ

『柄がケンカしているコーデは、間違いなくダサい!』(31歳/広告)

上手にコーデすれば、柄×柄コーデもオシャレにキマりますが、間違えれば散らかった印象になります。
難しい柄×柄コーデは自信がないのなら挑戦しないほうが無難。

柄を持ってきた時は、無地を合わせるようにしましょう。
また柄物ではなくても、原色と原色を合わせるのもダサ見えする恐れアリ。

(2)ゆる×ゆるコーデ

『シルエットが重たいとダサく見える』(28歳/SE)

今季はゆるめのコーデがトレンドなので、ゆる×ゆるコーデも流行っていますよね。
しかし上手にシルエットを作れないと、ただの体型隠しコーデに見えるもの。

ゆるめの服でも、自分の体型やシルエットに合っているゆるさにすることが大事。
それを間違えれば、だらしないコーデに見えたり、おばさん見えすることも……。

(3)スウェットコーデ

『スウェットのコーデは難しいと思うよ』(25歳/企画)

スポーティなコーデがトレンドなので、スウェットを使ったコーデも流行っていますよね。
しかしもともとリラックス用の服なので、上手にコーデしなければ手抜きコーデと思われます。

近所のコンビニに行くようなスウェットコーデだと、手抜きと思われても仕方ありませんよね。
オシャレ用のスウェットで女性らしいアイテムとコーデするようにしましょう。

(4)プチプラコーデ

『いかにも安物みたいな服は、やっぱりダサいよね』(33歳/不動産)

プチプラブランドは、今やオシャレ女子達には欠かせないアイテムですよね。
しかしプチプラとバレてしまえば意味がありません。

プチプラを高見えさせて、はじめてオシャレコーデとなるもの。
安物を着ていると思われたら、オシャレに興味がない女性と認定されますよ。


オシャレしているつもりでも、少し間違えると「ダサ見えコーデ」になることも……。
全体のシルエットやカラーバランスを考えてコーデするようにしましょう。

コーデがわからないアイテムは、購入時に店員さんのアドバイスを聞くのも手ですよ。

(恋愛jp編集部)