おうちがキレイだとそれだけで女子のテンションは上がります。
どんなポイントに気をつけておけば、散らかりを防止できるのでしょうか?

(1)床に物を置かない

『散らかってる子の部屋って、とりあえずで床に物を置くことが多い気がする』(28歳/コンサル)

お部屋が散らかっている!と感じる大きな理由の1つに、床に物が置かれている状態が挙げられます。

物を置くのはテーブルの上だけ、と決めることでスッキリとした印象を保つことができるでしょう。
おしゃれなストレージバッグを部屋の隅に潜ませて置くのも方法です。

(2)寝る前にリセットする

『彼女はいつも寝る前に部屋を綺麗に元通りにしてるらしく、いつも綺麗に保たれてるよ』(30歳/SE)

ベットに入る前には、必ず部屋を片づける。
こんなルールを作ってみるのはどうでしょう。

お風呂と寝る前の間に、ほんの数分時間を作り生活習慣化することで片付けグセをつけることができます。

(3)収納場所を決める

『収納する場所が決まってないと、どこに片づけていいかわからなくなるよね』(28歳/営業)

すべてのものに置き場所を作り、なおすことを習慣化しましょう。
ついつい散らかってしまう服は必ずクローゼットへ、スマホはラックに、メガネやリモコンも同様です。

100均や雑貨店へ足を運べば、驚くほど生活に必要な雑貨を収納できる便利グッズが売られています。

(4)不要な物はすぐに捨てる

『いらないものをとっとくと散らかる原因だよ!』(32歳/人事)

クローゼットに、ずっと着ずに置いてある衣類はありませんか?
数年間開いていない本や雑誌、パソコンやスマホなどの過去のデバイスもバカにならない場所をとります。

使わない物は期限を決めて捨てましょう。
さまざまな方法でリサイクルすることも可能です。


ルールを決めてそれを守る、まずはそんな習慣を始めてみませんか?
驚くほどに、お部屋をキレイにキープできますよ。

(恋愛jp編集部)

◆誰にもわたさない!男が手離したくない【理想の彼女】3箇条