女性は「かわいいって言ってほしい!」という思いで、デートのコーデをしますよね。
しかし、時には男性ウケが悪いものが存在するのも確か……。

今回は意外と男受けが悪いファッションアイテムを4つご紹介していきます。

(1)高すぎるハイヒール

『わざわざ歩きづらい靴を履くなんて謎』(28歳/宣伝)

高すぎるハイヒールは、デートでの評価は非常に低いものでした。
男性は、女性と楽しむためにデートに誘っています。

確かに高いハイヒールはかっこよく見えますが、歩くのがとても大変。
そして、そんな辛そうな彼女を見てるのも男性的には気持ちの良いものではありません。

ドレスコードの時以外は無理やり高すぎるハイヒールを選ぶことはやめましょう。
2人が楽しめる環境を作ることを考えてみてくださいね。

(2)キャラクターもののアイテム

『子どもっぽくて嫌い』(30歳/会社経営)

キャラクターもののアイテムは、男性ウケは非常に悪いです。
ディズニーランドなどのデートに行く場合でない場合以外に、そのキャラクターが大きくプリントアウトされたものを着ていると大人感ゼロ。

アラサー女子はやっぱりキレイ目×女性らしさを目指していきたいものですね。

(3)ガウチョパンツ

『スカート履いてほしいよ』(26歳/IT)

ガウチョパンツはだぼだぼしていて、男性からは不人気です。
基本的に男性は、女性にはスカートやスキニーパンツをはいていてほしいと思っています。

その理由は、ボディラインが見えて、女性らしさがあらわれるから。
非常に単純な理由ですが、ガウチョパンツをはくことで、その女性らしさの魅力を半減させているということです。

もし、素敵な関係になりたい場合は、デート服にガウチョパンツは避けるようにしましょう。

(4)ニーハイソックス

『ニーハイ好きなのってロリコンだけ』(32歳/コンサル)

ニーハイソックスは一時期流行りましたが、男性の意見としては「子どもっぽい」というもの。
ロングスカートなどを履いて隠れる分には特に問題ありません。

しかし、ミニスカートを履いて、それを見せようとしたいあなたはちょっと待って!
秋葉原ではもしかしたらいいかもしれませんが、大人の女性はニーハイソックスのスタイルはやめておいた方がよさそうです。


男性ウケを狙うと、自分の好きなオシャレができないと思いますが、意外と男性はそこまで思っていないようです。
女性らしさを醸し出しながら、デートを楽しめるコーデを選んでくださいね。

(恋愛jp編集部)