トップスをインするのって、正直勇気が要りますよね。
この着こなしって本当におしゃれなのかな……とよくわからなくなってしまう人も多いはず。

そこで今回は、初夏のトップスをインするべきかアウトするべきか、着こなし方についてまとめてみました。
男性にモテるコーデを作るうえで参考にしてくださいね!

(1)Tシャツはイン

『カジュアルなTシャツをインするときれいめな雰囲気がプラスされていいね!』(32歳/広告)

カジュアルな印象のあるTシャツは、インして着こなすのが大人の女性流。
ラフなイメージがつきやすいコーデでも、インして着こなすだけでとてもきれいめな雰囲気になります。

シンプルなTシャツを持て余している人は、ぜひインして着こなして大人なコーデを作っちゃいましょう。

(2)裾デザインのカットソーはアウト

『裾にオシャレなデザインのあるカットソーはインしちゃうともったいないよ!』(30歳/マーケティング)

裾にデザインのあるカットソーやブラウスなどは、基本的にアウトするのがオススメです。
インすると、せっかくの裾デザインが目立たなくなってしまいますからね。

ヘプラムブラウスや裾にレースがついたカットソーなどは、ぜひアウトして裾デザインを際立たせましょう。

(3)カーディガンは使い分ける

『カーディガンはインすると上品な印象になるし、アウトで着るとカジュアルで可愛い』(31歳/美容師)

カーディガンは、ボトムスやコーデ全体の印象を見て、インとアウトを使い分けするのがいいでしょう。

夏シーズンはカーディガンもトップスのように着こなせます。
カジュアルな着こなしにはなるべくアウトし、きれいめなコーデにはインするのがポイントですね。

(4)シンプルブラウスはイン

『ブラウスはパンツやスカートにインすることできちんと感がでてオシャレだと思う』(28歳/不動産)

シンプルなブラウスやカットソーは、基本的にインするのがオススメですね。
裾にデザインがないシンプルなものなら、インしていた方がやはりかっちりとした印象が出ます。

オフィスコーデとしての着こなしにもオススメです。
また足長効果を狙いたいとき、スマートに体型カバーをしたいときにもいいですね。


初夏のトップスは、ボトムスやコーデのコンセプトによってインとアウトを使い分けるのが一番。

おしゃれなイン・アウトを決められれば、それだけでコーデのセンスアップは間違いなしです。
いつもより「あれ?なんか変わった?」と男性の視線をゲットできるでしょう。

(恋愛jp編集部)

ファッション記事をもっと読む