記念日の祝い方は、せっかくならバリエーションが欲しいですよね。
長続きするカップルなら毎年記念日はやってきますし、いつも違う祝い方ができれば最高なもの。

そこで今回は、長続きカップルの記念日の祝い方をご紹介していきます!

(1)出会った場所でデート

『記念日は2人が出会った場所でまったりデートがしたいですね』(28歳/金融)

記念日といえば、二人が付き合った日のこと。
この日こそ二人の思い出にしっかり浸れるチャンスなので、原点に戻って出会った場所でデートをするのは素敵ですね。

ただ出会った場所に行ってご飯を食べたり散歩をしたりするだけでも、特別感は十分あるはずです。
二人の思い出をお互いに大事にしていれば、きっと関係も長続きしていくでしょう。

(2)記念に旅行へ

『記念日だからお祝いにパーッと旅行に行くのもいいよね~』(31歳/営業)

記念日はせっかくならパーッとお祝いしたいですよね。
そんなときは思い切って旅行に出かけてみるのもありでしょう。

旅行デートするとき、なかなか時期が決められないことも多いですよね。
タイミングに迷っているなら、記念日に旅行に行くのがオススメです。
いつもとは違う場所で非日常感に浸りながら、ぜひ二人の記念日をしっかりお祝いしましょう。

(3)高級レストランで食事

『たまにはちょっといいレストランを予約してお祝いしようかな』(30歳/広告)

高級レストランで食事……という非日常感もいいですよね。

もしくは高級ホテルに泊まったりなど、普段はあまりしないことをお祝いとしてするのはとても素敵なことです。
雰囲気のいい場所だからこそ、二人きりの時間をゆっくり堪能できることでしょう。

(4)手紙を渡し合う

『記念日のプレゼントももちろん用意するけど、せっかくだから想いをこめた手紙も送りたいですね』(28歳/アパレル)

あえてそこまで形にはこだわらず、ただ手紙を渡し合うというのも素敵なお祝いの仕方ですよね。

美味しいご飯を買ってきて家でお祝いしつつ、お互いに感謝をつづった手紙を贈りましょう。
記念日だからこそ、手紙で普段言えないこともたくさん言えるはずです。


記念日は二人にとって特別な一日です。
そんな特別感をしっかり出すためには、普段とは違うことをして、お祝いムードをたっぷり味わうのがいいでしょう。

思い出の場所をデートする、旅行をするなど、二人にとって特別感を味わえる素敵な記念日にしてくださいね!

(恋愛jp編集部)

◆誰にもわたさない!男が手離したくない【理想の彼女】3箇条