今回は年下男性を落とすためのLINEテクニックをご紹介!
相手が自分より年下な場合は、どのようなLINEが効果的なのでしょうか。
さっそく気になる詳細をみていきましょう。

(1)男らしさを強調する

『ただでさえ年下なことで気にしてるのに、弟みたいに扱われたら凹む……』(25歳/営業)

年下男性を可愛がりたくなる気持ちは分かります。
しかし、「かわいい」というワードを使うのはNG。

あなた自体にその気はなくても、言われた方は「男性として見られていない」と勘違いしてしまいます。
そうなれば恋愛ではなく、まるで兄弟のような関係へと発展してしまう可能性も……。
「頼りになるね」「安心する」という言葉であれば何も問題ないので、1人の男性として見ている旨をしっかりとアピールしていきましょう。

(2)駆け引き上手になる

『簡単に落ちそうにないからこそ、逆に燃えるんです』(26歳/金融)

年下男性を落としたいのであれば、駆け引きを制することも大切。
自分からはLINEを送らない、すぐに既読マークをつけないといったアクションは、彼を焦らす良いスパイスとなります。
構いたくなる気持ちをグッと堪えて、彼からの連絡を待ちましょう。

(3)時には敬語を織り交ぜる

『なめられてるばかりじゃなくて、ちゃんと一人の男として認めてくれてる気がして嬉しい』(28歳/建築)

年下男性にタメ口を使うのは、何も悪いことではありません。
しかし、彼をドキッとさせたいのであれば、時々敬語も織り交ぜるのがおすすめ!
タメ口との良いギャップが生まれ、1人の異性として見られやすくなります。

ただし、あまりにも多用してしまうとよそよそしくなり、距離感ができてしまうので要注意。
あくまで時々程度に抑えて、彼を上手にキュンとさせちゃいましょう。

(4)包容力をアピールする

『こんなやんちゃな俺のことも包んでくれそうな包容力に惹かれる』(27歳/通信)

年上らしい包容力をアピールするのもベストな選択です。
「何かあったらいつでも言ってね」「大丈夫だよ」という言葉は、年下男性を心底安心させるでしょう。
しっかりと彼の気持ちに寄り添うことができれば、恋人へ発展する時間もそんなに長くはかからないかもしれませんよ。


年下男性を落とすためには、強引さをアピールするよりも謙虚さを心得た方が吉。
落ち着きのあるその行動から、女性らしさを見出す男性は少なくありません。
上手に彼と接して、恋を成就させていってくださいね!

(恋愛jp編集部)

診断バナー