今回は、彼に幸せをプレゼントすることができる夜の電話テクを大公開していきます。
「なんとなく電話している」という人は非常に勿体ない!
彼が夢中になるきっかけを作って、2人の仲をさらに進展させましょう。

(1)眠そうなのに「まだ眠くない」

『まだ話してたいから意地はってんのまじ可愛い(笑)』(25歳/サービス)

眠そうなのに「まだ眠くない!」と言って電話を切ろうとしない彼女にキュンときたことがある男性は、非常に多い模様。
「意地っ張りだけど可愛い」「すごくキュンとする」と絶賛の嵐でした。
ただし、夜遅いと彼も次の日が辛いので、時間帯には注意しましょう。

(2)「朝おはようLINEするね」

『朝起きるのが楽しみになるよ』(29歳/広報)

夜の電話でちょっとした約束を交わすのも、カップルの醍醐味です。
「おはようLINE送るね」といったラブラブな約束なら、彼が喜ぶこと間違いなし!
電話で甘いひと時を過ごして、彼との仲をさらに盛り上げちゃいましょう。

(3)「まだ切りたくない」

『なんか今すぐ会いにいきたくなる』(33歳/販売)

まだ切りたくないとつぶやくのも、男性が夢中になる電話テクです。
夜の寂しさも相まって、この言葉を聞けば彼の胸が高まるのは火を見るよりも明らか!
こういったわがままは男性ウケが非常に良いので、積極的に活用していきましょう。

(4)「早く会いたい」

『寂しそうな声も耳元で聞こえてくるのがすげぇいいんだよね』(25歳/証券)

早く会いたいなという言葉も、男性が胸キュンするワードです。
会いたい感情を抑えることができない彼女の様子は彼からするととても愛らしく、「すぐにでもギュッとしたくなる」という男性が後を絶ちません。

無理に多用すると彼を困らせるだけですが、使用頻度を抑えれば逆に良いスパイスとなります。
寂しそうに伝えて、彼の心をグッと引き寄せましょう。


夜の電話だからこそ光る魅力は、たくさんあります。
これらを味方につけることができれば、彼はより一層あなたに夢中になるはずです。
彼との楽しい時間にプラスαを加えて、愛され女性を目指しましょう。

(恋愛jp編集部)