これを言うと気まずくなるかも……こんなモヤモヤした気持ちを抱えていませんか?
今回は、そんなあなたのためにも男性への不満を嫌われずに伝えるテクニックを大公開していきます。
上手に自分の気持ちを伝えて、彼との仲を深めていきましょう。

(1)タイミングを考慮する

『疲れてるときに言われると、イライラしちゃうな』(28歳/販売)

タイミングを考慮することは非常に大切!
たとえば彼がクタクタの状態で不満を指摘すれば、結果はさんざんなことになるでしょう。
2人の間に溝を作らないためにも、彼がしっかりと聞き入れられる状態と判断した時に打ち明けることをオススメします。

(2)良い部分はしっかりと褒める

『よく俺のことをわかった上で、不満を伝えてくれてる感じがするから、受け入れられる』(34歳/不動産)

褒める部分はしっかりと褒めるというのも、上手なコツ。
マイナスな部分だけを責め立てれば、彼も面白くありません。
良い部分にもしっかりと目を向けて、彼の悪い部分を上手に指摘してあげましょう。

(3)声のトーンを落とす

『落ち着いて話してくれると、こっちも落ち着いて話せるよね』(29歳/看護師)

荒げた声で悪い部分を指摘してしまうと、どうしても相手の反感を買ってしまいます。
そのため、少し声のトーンを落として優しく伝えるようにするとGood!
喧嘩腰に言うのではなく、落ち着いた声で言うことを心がけましょう。

(4)冷静になってから言う

『冷静に言われると、マジなんだって思って反省します……』(24歳/広告)

怒りの気持ちが強いと、冷静でいられなくなってしまう……という人も多いのではないでしょうか。
そんなときに彼への不満を指摘してしまうと、思っていないことまで口に出してしまうかもしれません。

そういった事態を避けるためには、一旦気持ちをリセットするのがベスト!
冷静になった状態で言うと、落ち着いて自分の気持ちを伝えられるはずですよ。


彼への不満を溜め込んでしまうと、必ずいつか爆発してしまいます。
しかし、伝え方に注意しなければそれをきっかけに仲がこじれてしまうかもしれません。
今回紹介した例を参考に穏便な伝え方を意識して、あなたの気持ちを上手に表現しましょう。

(恋愛jp編集部)