最近は自分の恋心を相手に伝えるのにLINEを使って告白する方法が出てきています。
しかしある一定数は「LINEで告白する人とは付き合えない」という人もいるのです。

そこで今回は、LINE告白がNGな理由を4つご紹介していきます。

(1)相手の本当の気持ちがわからないから

『表情が見れないし、どのぐらい本気なのかがわからない』(30歳/営業)

LINEで告白すると、相手の本当の気持ちがわからないために、NGという意見があります。
その理由は、LINEは基本的に文章でのやり取りで行われるために、 相手の心がどれだけ本気なのかということがわかりづらいということです。

飲んだときに勢いで告白したのか、それとも、ただの罰ゲームなのか……と妄想は悪化する一方ですよね。
告白をするなら、せめて電話にしたほうがいいでしょう。

(2)軽く思われそうだから

『まじめに付き合いたいと思っている子とは、きちんと会って告白したい』(30歳/コンサル)

軽く思われそうだからLINE告白はNGという意見もあります。
LINEだとどうしても相手がいる正面で自分の思いを伝えるわけではありません。

なのでその関係性が軽いものだと思われてしまう可能性があるということがあります。

本気で関係性を考える人や、真面目な人とは会って告白するのが確実です。
また相手もそうしたいと思っている可能性が高いので、焦らずに行きましょう。

(3)返事がくるかわからないから

『LINEで告白しても既読無視されたら悲しいし……』(30歳/SE)

返事が来るかわからないというのがLINE告白でNGな理由の大きなものでもあります。
LINEは読んでも既読無視をすることができます。

告白をした本人が本気でも、相手はそこまで本気に思っていなかったという場合が多いです。
その時は既読無視になってしまったり、最悪、もう連絡を取れなくなってしまう場合もあります。

それを考えた上で、告白をするときはLINEではなくて直接と考えるようです。

(4)スクショで拡散される恐れがあるから

『LINEなんかで告白したらスクショで拡散されるかもしれないし怖い』(28歳/美容師)

告白内容をスクショで拡散される恐れがあるという意見もあります。
大人になってくるとそれはなかなかありませんが、相手が残念なことに本気でなかった場合はこの可能性がありえますよ。


愛の告白は相手に伝えるものです。
LINEもそのツールの1つではありますが、誠実な人は直接あったほうがいいと考える傾向があります。

なのであなたが愛情を伝える場合もそれを考慮しておきましょう。

(恋愛jp編集部)