今回は、男性が完全に脈無しな女性に送るLINEをインタビューしてきました。
彼らは脈無し女性に対して一体どのような内容のLINEを送るのでしょうか。

知られざる本音を紐解いていきましょう。

(1)一言

『とくに好きでもない子とはLINEするの面倒くさいから短文になりがち』(31歳/営業)

興味がない女性に対して、男性はどうしても対応が雑になってしまいがちです。
そのためLINEの返事を一言だけで済ませることも多々あります。

「うん」「そうなんだ」なんて冷たい一言LINEが送られてきたら、気持ちを切り替えた方がいいのかもしれませんね。

(2)スタンプだけ

『返信が面倒でスタンプだけで済ませてしまうことがある』(27歳/人事)

たとえ可愛いスタンプが彼から届いても、油断してはいけません。
興味がない女性に対して、スタンプだけで返す男性も多いからです。

ワンタッチで済ますことができるスタンプだけの返答は、手抜きそのもの!
本命の女性にはスタンプだけではなく文章も送る傾向にあるので、注意しましょう。

(3)疑問文がない

『その子のことが気にならないと質問する気にもならない』(32歳/経営)

会話をまったく膨らませようとしない様は、脈がないと言わざるを得ません。
そのため疑問文が著しく少ない場合は、彼の気持ちが離れているサインと考えられます。

「LINEは続くけど会話が全然盛り上がらない」という場合は、このケースが当てはまることが多いので注意しましょう。

(4)男性からは絶対に送られてこない

『好きでもない子には自分からLINE送ったりしないですね』(27歳/美容師)

男性は脈ナシ女性に自分からLINEを送りません。
恋愛感情を抱いていないので、「来たら返す」というスタンスを取っている模様。

自分からLINEを送らないと絶対に来ないという人は、どこかで気持ちの整理をつけたほうが賢明なのかもしれません。


男性が送る脈ナシLINEは、とても単純明快です。
そのわかりやすさに心が折れた人も多いのではないでしょうか。

ただしマメな男性や八方美人な男性はその素振りを見せずに、自分の感情を偽る傾向にあるため要注意!
しっかりと本質を見極めて、彼の気持ちを探っていきましょう。

(恋愛jp編集部)