今回は、男性がLINEを終わらせたいと感じるときに見せるサインに着目!
急に態度が変わる理由は、もしかすると彼なりのアピールなのかもしれません。
どのようなサインがあるのか、さっそく気になる詳細を覗いていきましょう。

(1)急に短文になる

『もうLINE終わらせたいなぁって思うと文を考えるのが面倒になる』(28歳/広報)

感情が態度に出やすい男性は、LINEでも気持ちが筒抜けです。
さっきまでは2~3行で返事がきていたのに、1行で済ませてきた……なんてわかりやすいサインを送ってくれるでしょう。

彼のLINEが短文になったり冷たく感じたりした際は、あなたの方から切り上げるといいかもしれませんね。

(2)返信が遅れる

『もうそろそろLINE終わらせたいし、自然にフェードアウトできるかなって思って……』(30歳/SE)

LINEを終わらせたいときに返信をわざと遅らせる男性は、非常に多いようです。
そのため時間が開いてから送られてきた彼のLINEには、すぐに反応しないもしくはすぐに切り上げるのが吉。

相手の気持ちを上手に汲み取って、彼と楽しいLINEタイムを過ごしましょう。

(3)疑問文がなくなる

『単純に疑問文で送ると話が盛り上がっちゃうから』(28歳/IT)

男性はLINEを終わらせたいと感じるときに、疑問文を一切使わなくなる傾向にあります。
これは「話を膨らませたくない」という気持ちの表れであり、自然にLINEが終わることを目論んでいるのです。

疑問文が一切なくなったら、1つの区切りと考えるといいかもしれませんね。

(4)「もう遅いけど大丈夫?」と聞いてくる

『女の子の方から「もう寝るね」って言ってほしい』(31歳/不動産)

「もう遅いけど……」と聞いてくるのは、優しさとも捉えることができます。
しかしこれも男性がLINEを終わらせたいときに使う常套手段!

自分からLINEを終わらせるという状況が嫌なので、あなたからの「寝るね」という言葉を待ちわびているのです。
1回ならまだしも、2回3回に渡って聞いてくる場合は、かなりこの線が濃厚と考えていいでしょう。


男性は直接的な言葉よりも、態度を変えてLINEを終わらせたい旨をアピールしてくる傾向にあります。
その変わり様は案外わかりやすいので、しっかりと着目しておくことが大切。

彼の良き理解者になって、2人の仲を深めていきましょう。

(恋愛jp編集部)

◆【毛の処理は脱毛一択!!】業界No.1コスパ&永久通い放題の脱毛サロンって?