夏のデートで必ず行きたいのが、夏祭り!
行くなら絶対に着用すべきは、そう浴衣です。

今回は、モテ要素の高い浴衣を厳選して4つご紹介します。

(1)紺地に白柄

『落ち着いた紺色に白の模様が大人っぽくていい!』(28歳/企画)

男子人気のトップに君臨するのが、意外にも落ち着いた紺地のもの。
デザインも、白一色で描かれたものがいいなど、一貫して落ち着いたものに定評があります。

女子としては帯に派手可愛いものを選びたいところですが、グッとこらえて薄いピンクや光沢のある白など、どこまでもシンプルにまとめてみましょう。

(2)白地に落ち着いた柄

『白い浴衣って清楚な感じがしていいよね』(31歳/不動産)

紺地の次に人気が集まるのが、白地に落ち着いた柄が施されたもの。
食べ物の汚れや汗染みが気になる色味ではありますが、モテを意識するなら選択肢に入れたいところ。

遊び心を取り入れるには、髪をアップにして赤系のかんざしをちょこんと刺してみましょう。
シンプルな中に、上品なアクセントを加えることができます。

(3)ピンク地の大柄

『華やかで女の子!って感じで可愛いです』(27歳/営業)

三番手の人気を誇るのが、ピンク地です。
ようやくこの辺りから、女子の人気色が登場する形になりました。

帯も同系色の赤系でまとめると、浴衣コーデに締まりが出ます。
ネイルや下駄までこだわることで、細部まで気の使える女性像を作り上げることができ流でしょう。

(4)レトロ柄

『レトロな柄の浴衣もモダンで可愛い』(31歳/商社)

男性ともに一定の人気は見られるものの、これまでご紹介した3アイテムには及ばない結果となったのが、レトロ柄。
モテを意識しながらもレトロ柄をチョイスしたい場合は、レトロ柄の中でも”落ち着き”を意識して選ぶのがオススメです。

浴衣自体のデザインが派手な分、髪飾りや持参するバッグはシンプルにしておくのもお忘れなく。


浴衣は、男子から圧倒的にモテる夏だとコーデと言えるでしょう。
どうせ着るなら、柄やアイテムにまでモテ要素にこだわりたいものです。

(恋愛jp編集部)