可愛いと思って着て行ったデート服が、実は彼に取って「彼女に来て欲しくない」服かも?
そんな彼の気持ちに気づいてあげないと、彼はデートで毎回モヤモヤしているかもしれません。

今回は、男性が「彼女に来て欲しくない」と思っているファッションをご紹介します。
デートのときに着て行くのは、やめた方がいいかもしれませんよ。

(1)アニマル柄

『派手なアニマル柄ってなんか強そうだし下品な感じがして苦手』(28歳/不動産)

派手な印象のアニマル柄は男性にあまり人気がありません。
女性にとってはカッコいい柄に思えても、男性は「派手すぎる」「下品」と思ってしまう人が多いようです。

そのため自分の彼女がアニマル柄を着ているとモヤモヤしてしまう男性も。
デートでアニマル柄の服を着るのは避けておいた方がいいかもしれませんね。

(2)露出が多い服

『彼女には露出の多い服を着てほしくない!他の男に見られたらと思うと気が気じゃない!』(31歳/広報)

「露出が多いセクシーな服を着ると彼が喜ぶかな?」と思っていたら大間違い。
彼女以外の女性ならOKだけど、彼女にだけは着てほしくないという男性が多いことを知っておきましょう。

男性は、自分の彼女が露出の多い服を着ているところを他の男性に見られたくないんです。
男心を理解して、露出が多い服を着るのは控えておきましょう。

(3)ダメージジーンズ

『あまりにもボロボロなダメージジーンズはちょっと……』(28歳/金融)

カッコいいダメージジーンズも、彼女にはあまり着てほしくないようです。
少しくらいはOKという男性もいるでしょうが、ボロボロだったり膝が出ていたりするのは彼女に着てほしくないみたいです。
自分の彼女にはもう少し清潔感がある服を着てほしいみたいですよ。

(4)場にそぐわない靴

『ヒールも可愛いとは思うけど、デートの行き先を考えて靴を選んできてほしい』(31歳/広報)

デートの行き先に関係なく、履きたい靴を履いてしまうと、場にそぐわなくて彼がガッカリすることがあります。
たとえばいっぱい歩く日にハイヒールを履いてきて足が疲れてしまったり、履き慣れない靴で靴擦れしたり……。

可愛く見せたいという彼女の気持ちはわかっても、「何で今日その靴なの?」と彼はモヤモヤしてしまうでしょう。
せっかくのデートも「歩けない」ということにならないよう、行き先や目的に合わせた靴を選ぶようにしましょう。


男性には彼女に着てほしい服、着てほしくない服があるみたいです。
楽しくデートするためにも、できるだけ彼の希望を考慮して服を選びたいですね。

(恋愛jp編集部)