肌を露出すれば男性が喜ぶと思えば大間違い。
目のやり場に困ってしまいますし、「下品な女性」と思われてしまうかも?
今回は、男性を困らせる「やりすぎ露出コーデ」をご紹介しますので、セクシーと思われるためにやってしまっていないかチェックしてくださいね。

(1)胸の谷間が見えるほどのVネック

『見えるか見えないかがいいのに、谷間見えちゃってたら刺激ありすぎ!』(27歳/飲食)

デコルテをきれいに見せてくれるVネックは、大人の色気を感じさせるアイテム。
しかしVネックが深すぎて、胸の谷間が見えてしまうような露出はやりすぎです。

目の前の男性は、目のやり場に困ってしまうでしょう。
谷間を見られても平気な恥じらいのない女性と思われてしまいますので、Vネックを着るときは露出しすぎないか鏡の前でチェックしてくださいね。

(2)肩が見えすぎるオフショルダー

『もう脱いじゃってもかわらんやん!』(30歳/SE)

健康的なセクシーさを演出できるオフショルダーの服も男性を困惑させています。
女性にとっては可愛いアイテムですが、男性は肩を出しすぎていることにハラハラしてしまうみたいですよ。

大胆に見せるよりも、チラ見せの方が男性をドキッとさせるものです。
軽い女性と思われるかもしれませんので、気になる男性の前では着ない方がいいかも。

(3)背中が開いたトップス

『後ろ姿に上品さがなくて残念』(27歳/公務員)

背中が大きく開いたトップスも、男性にとっては「やりすぎコーデ」となってしまいます。
「そこまで背中を見せなくてもいいのでは……」と思うほど大胆な背中見せトップスに引いてしまう男性もいるようです。

(4)短すぎるスカート

『よくエスカレーターとか手で押さえたりしてるの見ると、そんなに短いのきなきゃいいのになって思う』(33歳/不動産)

「下着が見えてしまうのでは?」と思ってしまうほどのミニスカートも男性を困らせる「やりすぎコーデ」です。
座ったときや、エスカレーターに乗ったときなど、下着が見えそうなくらい短いスカートは男性を困惑させてしまいます。
ミニスカートが好きな男性でも、自分の彼女には短すぎるスカートをはいてほしくないみたい。


適度な露出は女性を色っぽく見せてくれますが、やり過ぎだと男性は引いてしまいます。
下着が見えるほどの露出は下品な印象になってしまいますので、過剰にならないように注意したいですね。
露出コーデは軽い女性と思われることもありますので、本命の男性の前では控え目にした方がよいでしょう。

(恋愛jp編集部)

◆誰にもわたさない!男が手離したくない【理想の彼女】3箇条