この子にならまたご馳走したい!そんな風に思われる女性になれたら、やっぱりデートに誘われるチャンスも増えますよね。
好きな人と距離を近づけるなら、一緒にデートしたりご飯を食べたりするのが一番。
このモテテクを身につければ、好きな人を振り向かせるのにも最適です!

今回は、男性におごられるときのモテテクをご紹介していきます!

(1)笑顔でありがとうと伝える

『シンプルにこれでいいんだよ!』(24歳/福祉)

ごちそうされたときは、やっぱり笑顔で「ありがとう!」と伝えられることが一番ですよね。
そんな気持ちの良い対応をされれば、男性は誰だってキュンとするはず。
しかも女性の満面の笑みには、男性を無条件でドキドキさせる効果があります。

(2)食事の感想を具体的に言ってくれる

『ちゃんと味わってくれた感じがして、また奢りたくなるね』(32歳/商社)

ただ「ごちそうさま」と言うだけでなく、感想はある程度具体的に伝えた方がより効果的。
おいしかった~とただ言うだけでは、なんとなく社交辞令っぽい感じもしてしまいますよね。
何がおいしかったのか、具体的に伝えてきてくれた方が、より一緒にご飯を楽しんでくれた感があって彼としてはうれしいですよね。

(3)お店のチョイスを褒めてくれる

『“前から来たかったの!”も嬉しいです』(30歳/医療関係)

お店のチョイスを褒めること、これもモテテクとしてめちゃくちゃ大事なポイントです。
一緒にご飯に来ている以上、お店の提案は彼がしてくれた場合が多いでしょう。

そんなとき「こんな良いお店知ってるなんて、さすがだね!」と言ってもらえたら、彼としては嬉しいですよね。
自分のセンスを褒められれば、正直誰だって嬉しくなって相手のことを好意的に見てしまうもの。

(4)お礼を提案する

『またデートのきっかけになるよね』(28歳/金融)

お礼を提案することもぜひ意識してみましょう。
例えば「今度コーヒーおごるね!」なんて可愛く小さなお礼を提案すれば、女性らしくて良いですよね。
あまり重たくないお礼の方が、逆に男性としては嬉しいことも多いです。


笑顔でありがとうと伝えることやお店のチョイスを褒めることは、相手をより気持ち良くさせることです。
せっかくおごってもらったわけですから、それくらいの良い対応は彼に返してあげたいですよね。
おごられたときに良いリアクションを見せてくれる女性には、男性はついまたご飯に誘いたくなってしまうもの。

(恋愛jp編集部)