男性は、彼女がデートにどんな服装で来てくれるか楽しみにしています。
しかし可愛い服を着た彼女と並んで歩きたい…と思っていたのにガッカリということも。
男性がデートで残念に思ってしまう彼女の「ガッカリコーデ」をご紹介します。

(1)地味すぎコーデ

『せっかくのデートなのに地味すぎるのは残念』(28歳/美容師)

せっかくのデートなのに、地味な色で無難にまとめたコーデでは、彼もガッカリしてしまうでしょう。
可愛らしさや色っぽさがまったく感じられないコーデでは、老けて見えるかもしれません。
落ち着いた色ならかわいいデザインにするなど、地味な女性になってしまわないようにしましょう。

(2)カジュアルすぎるコーデ

『カジュアルな服も可愛いけど、ちょっとくらい女の子らしさを取り入れてほしいなぁ』(31歳/人事)

カジュアルな服装も可愛いですが、オシャレしようという気持ちがまったく見られないようなカジュアルすぎる服にガッカリする男性も。
カジュアルすぎて、彼が考えたデートプランには似合わないかもしれません。
カジュアルな服を着たいときは、全身カジュアルにならないよう、メリハリをつけてみてはいかがでしょうか。

(3)全身真っ黒

『全身真っ黒ってデートっぽくないよね……』(29歳/不動産)

黒はオシャレな色ですが、上から下まで真っ黒だと彼もガッカリ。
とくに夏だったら暑苦しい印象を与えてしまいます。
デートなので黒はトップスかボトムスのどちらかにして、可愛い色を使ったコーデにしてはいかがでしょうか。

(4)仕事用のスーツ

『なんでデートにわざわざスーツなの!?』(30歳/広報)

会社帰りでもないのに、仕事用のスーツでこられてガッカリしてしまう男性も。
平日夜のデートなら仕方ありませんが、休日のデートに仕事用のスーツで来られたら、男性もガッカリしてしまうみたいです。

プライベート用の服が充実していない人は、デート用の服を準備しておきませんか?
普段のスーツとは違う可愛いコーデでデートに着てくれたら、ギャップがあって彼も喜んでくれますよ!


デートでは、彼に「可愛い」と思ってもらいたいですよね。
彼にどう思われるか考えなかったら「がっかりコーデ」になってしまうかもしれません。
デートのプランに合わせた可愛いコーデで、彼に喜んでもらいましょう。

(恋愛jp編集部)