気持ちいいキスをしていると思いきや、男性の心の中では幻滅している場合があります。
女性からするとショックですよね。
どんなキスが幻滅させてしまうのか、「キスの失敗例」を4つ見ていきましょう。

(1)場所が良くない

『人通りが多いような場所でキスを求められても困る』(28歳/営業)

「なぜか彼がキスを嫌がる?」と思ったとき、まずはキスしている場所を確認してみましょう。
人前や、うっかり通りがかりの人に見られてしまう場所ではありませんか?

いつ誰に見られているかわからない状況でのキスは、衝動的な行為といえます。
冷静な男性であればあるほど、心に摩擦が生まれてしまうでしょう。

(2)自分から動かない

『いくらキスしても自分からはまったく動かないんじゃつまらない』(27歳/飲食)

男女のスキンシップを男性任せにしてしまう女性がいます。
エッチでは「マグロ」と呼ばれ嫌がられますが、キスにおいても「マグロ」状態は嫌がられるでしょう。

男性ばかりに動いてもらうのではなく、男性の動きに合わせて女性も何かアクションを起こしましょう。
そうすることで男性も一人で頑張っている感覚から抜け出せます。

(3)舐めすぎ

『ガツガツしすぎて舐められすぎると引く……』(32歳/不動産)

消極的なのはNGですが、積極的すぎるのも引かれることがあります。
ちょっとペロッと舐めるくらいなら可愛らしいでしょう。
でも「ベロベロ」とか「レロレロ」という表現に近い、前のめりな舐め方は避けた方がいいでしょう。

とくに男性が引いてしまうのは、口周りがベトベトになったり、口の奥まで舌が入ってきたとき。
つばの入りすぎた感覚も、「ちょっと汚いな」と感じてしまうものです。

(4)しつこい

『あまりにも長すぎるキスはちょっと……』(30歳/広告)

好きな相手とはずっとキスしていたいなんて思うもの。
ですが恋愛においては満足させすぎないくらいが丁度いいです。

長時間になればなるほど、男性の頭の中では「まだ終わらないの?」と疑問が湧きあがってくるかもしれません。
それよりは「もっとしたいな」と思わせるくらいで留めた方が、次のキスにもつながるはずですよ。


何事もほどほどが大切。
相手の気持ちを考えたスキンシップをできる女性がモテます。
自分の欲求よりも、「男性が今どう感じているのか?」という点に注目して行動する方が恋愛はうまくいくかもしれませんね。

(恋愛jp編集部)