男性にもいろんなタイプがいるし、いろんな状況が考えられますよね。
なので男性によってLINEの返し方を変えましょう。

それぞれ状況が違うので返し方もいくつかあって当然!タイプ別にみていきましょう。

(1)社会人の男性の場合にはまったりしている時間を選んで

『昼休みや帰りならゆっくり返せるので助かります』(26歳/商社)

忙しい社会人の男性には長文LINEはオススメしません。
端的に短い文章を心掛けましょう。

長文は読むのも億劫だし、長文を読んで理解して返信する……その労力は大変なものなのです。
時間帯も重要です。

彼の生活習慣を知って、まったりしている時間を選んでLINEしましょう。
内容はとびきり面白い内容か、疲れが癒えるような内容がいいですね。

(2)彼女もち男子へのLINEはタイミングが大事

『変に浮気疑われたりしたら嫌なので、あんまり頻繁に送らないでほしい』(31歳/人事)

彼女とデート中なのかも……と思ったらなんだかモヤモヤしちゃって余計LINE送ってしまう。
そんな女子は多いことでしょう。

でもLINEを送りすぎてあなたのせいで彼女との関係がややこしくなってしまった時嫌われちゃいますよ。

それよりも「〇〇くんにめっちゃ愛されてて彼女が羨ましいよ!」と伝えておきましょう。
恋愛は先々どうなるか分からない!突然あなたに彼の気持ちが向くこともあるかも。

(3)友達に紹介してもらった男性には質問LINEを

『知り合いたてのお互いについてやりとりする時間は楽しいですよね』(27歳/広報)

友達に紹介してもらったということは、お互いのことをあまり知らない状態ですよね。
男性に質問したり、その返答内容について詳しく聞いたりしてみましょう。

そして自分のことも彼に知ってもらうのです。
LINEでお互いの情報を共有していると、共通点も見えてきてデートにつながることもあります。

LINEのアイコンを趣味に没頭している写真にしてもいいかもしれませんね。
旅行に行った時の写真をアイコンに設定してみたり……アイコンからも話が広がりますよ。

(4)同じクラスの男子にはギャップ萌え!

『友達の女を感じる瞬間ってなんであんなドキッとするんだろ』(24歳/通信)

もうお互いに知っているような関係性なら、ギャップ萌えを狙いましょう。
すでに友達ならだいたい相手の性格も分かっていますよね。

ふとした瞬間に彼がドキッとするギャップが必要です。
普段男勝りな性格なのに雷が鳴ったらその辺の女子よりも騒ぐ。

カブトムシは掴んでいたのにゴキブリが出たら「ムリムリ!」って言って泣きそう。
こんなに可愛い一面があったんだね……彼はキュンキュンしちゃいますよ。


LINEのやり取りに慣れていない男性がほとんど。
返信しやすい短めのLINEを心掛けます。

そしてLINEを送る男性のタイプ別にLINEの返し方を工夫しましょうね。

(恋愛jp編集部)