彼がキュンキュンときめいちゃうベタ甘えLINEを送りましょう。
甘え慣れしていない女子もLINEでなら文字だからそこまで恥ずかしくないですよ。

可愛くLINEで甘えデビューしちゃいませんか?

(1)たまにならOK!かまちょLINE

『いつもは許してくれる彼女がたまに拗ねると可愛い!』(29歳/公務員)

趣味に没頭されたり、友達と遊びに出かけちゃったりしてLINEが返ってこない時が多い。
「ごめん、またゲームのめり込んでしまった!」

「うん……いいよ!」
なんていつも言ってたけれど本当は寂しいですよね。

そんな時にはたまには自分の寂しい気持ちを伝えてかまってもらいましょう。

「たまには私にもかまってよ……」と拗ね気味。
カワイイ!彼キュンキュンしちゃいますよ。

(2)単刀直入に!「ワガママ言っていい?」

『たまにだったらワガママ言ってくれても嬉しいよ』(28歳/営業)

彼に気をつかってばかりだとお互いに疲れますよ。
気をつかわれている方は楽だと思いがちだけど、気をつかわれているのがわかると彼の方もしんどいものです。

もちろん気をつかうことも大切だけど、気づかわれてばかりも彼きっと寂しい。
素直に頼って甘えたほうが彼に感激してもらえる場合もあるのです。

ワガママばかりもダメですが、してほしいこと、したいことを素直に伝えてみましょう。
あなたが喜ぶならできることならなんでも叶えてあげたいと思うのが男心です。

(3)デート前の「おはよ!今日は楽しみにしてる♡」

『デートを楽しみにしてくれてるのが伝わってきて嬉しくなる』(31歳/不動産)

デートに向かう前にこのLINEがあるかないかでは全然男性の気持ちが違ってきます。
もうすぐ会えるのにこんなLINEをしてくることに男性は可愛いと感じることでしょう。

また楽しみにしてくれていることが分かって嬉しくなっちゃう。
デートのモチベーションが上がります。

もちろんデート後の「今日はありがとう!」LINEも忘れずに♡

(4)LINEだからこそ言いやすい?「好きだよ!」

『いつもは照れて言わないのにLINEだと素直に好きって言ってきて可愛い』(30歳/商社)

普段恥ずかしくて言えない女子もLINEでなら言いやすいかも。
いつも彼から言ってもらっているのに自分からは照れくさくて言えない。

そんなモヤモヤもLINEで解消です。
彼もあなたからの貴重な「好き」の言葉に最高に嬉しい気持ちになることでしょう。

スクショして保存されちゃったりして。
「〇〇のそういう真面目なところ好きだよ!」など色々な好きを伝えちゃいましょう。


構いたくなるようなカワイイ甘えLINEで彼をキュンキュン♡
LINEで上手に甘えて彼にいっぱい可愛がられちゃいましょう。

最高に幸せな女性になれます!

(恋愛jp編集部)