復縁したい元彼や、最近連絡取っていないけれど気になる男性など……
あの人にLINEしたい!でもなんてLINEすればいいんだろう?と悩むことはありませんか?

とくに普段あまり連絡を取り合わない相手だろLINEするのにもきっかけが必要ですし、送り方には迷いますよね。
そこで今回は、用がなくてもLINEをさりげなく送る方法をご紹介していきます!

(1)「誤爆」したフリをする

『間違いLINEから話が盛り上がることってわりとあるよね』(28歳/広報)

まず使えるのが、LINEを誤爆したフリをする手です。
まったく関係ない人に送ったつもりで、適当なメッセージを彼に送っちゃいましょう。

すると彼からは間違っていることを伝えるメッセージが来るはず。
そのチャンスを逃さず、「そういえば元気?」と話を始めてみましょう。

(2)昔のことを振り返りながら連絡する

『思い出話に花を咲かせるのって楽しいよね』(29歳/不動産)

昔のことを振り返りながら連絡すると、用がなくてもさりげなくLINEを送ることができます。

たとえば「この前急に思い出したんだけど……」と話を振れば、あまり不自然さはありませんよね。
そこから話を発展させていけるのがいいですね。

(3)相手の趣味や好みに沿った話を振る

『僕の趣味の話を振ってくれるとすごい話しやすくていいです』(27歳/飲食)

相手の好みや趣味に合った話を振るのも効果的ですよね。
しばらく連絡を取っていなかった相手とはいえ、詳しいだろうから聞いたという口実ができます。

急に連絡をするのも変ではないですし、相手の興味あることだからこそ話も盛り上がりやすいでしょう。

(4)普通に「元気〜?」と送る

『別に深く考えずに普通にLINE送ってくれたらそれでいいかな』(30歳/金融)

あまり気にせず、普通に「元気〜?」と送るのでも問題はないのかもしれません。
たしかにいきなり連絡がくれば「なんだろう?」と勘繰りたくなる気持ちもあるでしょう。

ですがLINEでつながっている相手に連絡するのに、なんてメッセージを送れば……と必要以上に緊張することもないですよね。
久しぶりなら「元気?」と聞くのも変ではないでしょう。


元彼やなかなか連絡の取れない好きな人など、さりげなく連絡するのは難しいですよね。
ですがせっかくのLINEで友だちになっているのですから、やり取りは欠かさないようにしたいもの。

そんなときは以上のような方法で、用なしでもさり気なく連絡することを試してみてくださいね!

(恋愛jp編集部)