暑い夏には大活躍するTシャツは、これからの季節に欠かせません。
中でも、ゆるTをオシャレに着こなすのが今どきのファッションです。
今回はベーシックなホワイトを想定して、「ゆるTコーデ」を4パターンご紹介していきます。

(1)デニムパンツ

『やっぱりこのコーデが一番しっくりくるね』(31歳/販売)

Tシャツとデニムパンツの組み合わせは夏の王道ですね。
ゆるTの場合はどんな点に気を付けるといいのでしょうか?

明るめのカラーのデニムを選び、定番すぎる印象を与えないようにしましょう。
そして何より、足元が重要。

ロールアップやアンクル丈で足首を出し、シャープなデザインのシューズで引き締めるのがポイントです。

(2)カラースカート

『きれいな色のスカートが映えてシンプルだけどおしゃれ』(26歳/証券)

存在感が強いカラースカートは、定番アイテムのTシャツと合わせましょう。
ゆるTの場合、長めの丈のスカートとの相性が良いです。

また、スカートはなるべくコットンの入った素材を選ぶようにすると統一感が出せます。
シフォン素材など、Tシャツとかけ離れた素材になると難易度が上がるでしょう。

(3)アースカラーのボトムス

『上品さがでて、彼女に着てほしいコーデナンバーワンかも!』(32歳/企画)

カーキやベージュなどのアースカラーは、夏になると1着は揃えておきたい定番アイテム。
もちろん、Tシャツとの組み合わせがオススメです。

特にゆるTと相性がいいのは、ワイドパンツやロング丈のスカート。
トップスをウエストにインすることでカジュアルすぎる印象を与えません。

(4)リネンのボトムス

『涼しそうな生地感もこの時期ぴったりだね』(28歳/アパレル)

着心地抜群で季節感も出せるリネンのボトムス。
素材の個性があるため、案外組み合わせに困ってしまうこともあるのではないでしょうか?

ゆるTならリネンのゆったりとした印象とマッチします。
ここでもウエストはインするようにして、カジュアル過ぎないコーデに完成させるのがコツ。


今回ご紹介したように、やはりTシャツは万能アイテムといえます。
Vネックや袖がフリルのタイプを選べば、上品なコーデにもしっかり馴染みますよ。

普段はブラウス派という人も、気軽に取り入れられるのではないでしょうか。

(恋愛jp編集部)