男性をドキッとさせるようなスキンシップは、モテる女性は意識的に行っているようです。

そんなスキンシップの方法を知ると、日常的に男性をドキッとさせることができます。
そこで、男性をドキッとさせる「会話中のスキンシップ」についてご紹介します。

(1)話しかけるときにさりげなく触る

『背中に、ねぇねぇって触られるだけで、どきっとする』(27歳/広報)

男性は女性に触られるとドキドキする反面、あまりに積極的すぎるボディタッチには引いてしまうようです。
そのため、話しかけるときにさりげなく触る程度のボディタッチがおすすめ。

「ねえねえ」などと甘えながら話しかけるとより効果的なので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

(2)筋肉を触る

『二の腕とか腹筋はどんどん触ってください(笑)』(31歳/営業)

男性は筋肉を褒められると、非常に喜ぶ傾向にあります。
特に、日頃から鍛えている男性は、筋肉を触られて褒められるとドキッとするようです。

そのため、男性とスキンシップをとる際には筋肉を触りながら褒めることで、相手を喜ばせるよう心がけましょう。

(3)飲み会で肩を触る

『おれに合図でも送ってるのかなって内心ドキドキです』(28歳/映像)

飲み会で隣の席の男性とさりげなくスキンシップをとるには、席を立ち戻るタイミングで肩を触る方法がおすすめ。
不意打ちで肩を触られると、男性は思わずドキッとしてしまいます。

さらに、自分が席に戻ったことをアピールすることにもつながります。
そうすることで、男性との距離を縮める効果も期待できます。

(4)ツッコミを入れる

『ツッコミにはリアクションが大きくないとね』(25歳/飲食)

会話の途中、男性がボケたらスキンシップをとるチャンスと言えます。
笑いながら肩を触るなど、スキンシップを交えたツッコミを入れると、男性とより仲良くなることができます。

ノリがいい印象を与えることにもつながるので、男性のボケを見逃さないよう心がけましょう。


男性をドキッとさせる「会話中のスキンシップ」は、男性と仲良くなるために非常に重要なポイントとなります。
会話中のさりげないスキンシップで、意中の彼をドキドキさせちゃいましょう。

(恋愛jp編集部)