寝顔は無意識のうちのものとはいえ、やっぱり女性なら寝顔も可愛くなりたいですよね。
写真などに映った自分の寝顔を見て、「なんかブス……もっと可愛くなりたい!」と感じることはありませんか?

今回は、思わず男性がキスしたくなるような、そんな可愛い寝顔の作り方をご紹介していきます!

(1)口を開けないようにする

『口がポカーンと開いた寝顔は残念……』(31歳/コンサル)

口が開いてよだれがたれているような寝顔は、女性の寝顔としてはとっても残念な感じですよね。

まず口を開けないことを意識しましょう。
そのために重要なのは鼻呼吸です。

口を閉じた状態でゆっくり鼻呼吸をすることを、寝る前から必ず意識するようにしてみましょう。
習慣づければ、寝ているうちも自然と鼻呼吸ができるようになります。

(2)しっかり入浴して顔のむくみを取る

『むくんだ顔は可愛いとは言えないよね……』(30歳/営業)

寝ている間に顔がパンパンにむくんでしまい、寝顔が太って見える人も多いです。

そんなときはしっかり入浴をして、顔のむくみを防ぎましょう。
ゆっくり時間をかけて入浴をすれば、結構も良くなり、むくみ防止にもつながります。

(3)唇のケアを忘れずに

『寝るときも唇が潤ってしっとりしてるといいね!』(28歳/マーケティング)

寝ている間に唇がカサカサになってしまい、寝顔が残念な状態になってしまうことも多いです。
唇のケアは普段から忘れないようにしましょう。

普段からリップをこまめに塗ることを意識し、そして寝る前にもリップをつけておけば、寝顔が残念な状態になることも防げます。

(4)まぶたのストレッチで半目を防ぐ

『半目になって寝てるのはちょっと笑える』(28歳/IT)

寝ている間に目が半目状態になってしまい、かなり「ヤバい」寝顔になってしまっている人も意外と多いですよね。
いつも寝ているときに半目になりがちな人は、まぶたのストレッチをするのがオススメです。

まぶたの開閉を5秒間隔くらいで行ってみてください。
これを日常的に、3〜4回繰り返すと、それだけで半目にならない効果が得られる場合があるそうです。


男性がキスしたくなるような可愛い寝顔を作れたら、飲み会でつい寝てしまったりするようなことがあっても安心ですね。
鼻呼吸の癖付けやまぶたのストレッチなど、簡単にできることが多いのでぜひ実践してみてください!

(恋愛jp編集部)