お祭りや花火大会など夏はイベントが盛りだくさん。
ステキな出会いをするためにも、男ウケNGなファッションは避けたいですよね?

そこで今回は、男性が萎える”夏にありがち”な「NGコーデ」を4つご紹介します。

(1)夏なのにレギンス

『見てるだけで暑苦しい』(29歳/広報)

夏にありがちなNGコーデとして男ウケ最悪なのがこちら「レギンス」。
女性としては気になる脚を隠せるだけでなく日焼け対策にもなるレギンスですが、男性からは「普通に暑そう」とその評価は低いようです。

「コンプレックスを隠してしるのが嫌だ」という意見もあり、脚が太くても隠さず思いっきり出してしまった方がよっぽどいいと思っている男性は多いようですよ。

(2)露出が多すぎるファッション

『露出が多すぎるのは下品』(33歳/経営)

夏だし暑いし男ウケするし!そう思って露出度高めのファッションをしている女性は要注意。

適度な露出はOKでも、露出が多すぎるのはちょっと……という男性は意外と多いのです。
「下品に見える」「軽そうに見える」という声もあるので、夏でも露出し過ぎのファッションには気をつけた方がいいでしょう。

(3)日焼け対策しすぎなファッション

『見るだけで暑い。そこまでする必要ある?』(31歳/商社)

日焼けしたくないという思いから、長袖カーデにストールに帽子に……なんて完全防備な格好はやっぱりNG。
「一緒に居て暑そう」「その格好で暑がられるとイライラする」という意見も。

紫外線を浴びたくない気持ちも理解できますが、一緒に居る相手を不快にさせるような厚着は控えた方がいいのかもしれません。
露出が多いのもNGだけど、隠しすぎもやっぱりNGだなんて、男性の気持ちって難しいですね。

(4)暑苦しそうなダークカラーコーデ

『夏に全身真っ黒は暑苦しすぎる』(28歳/保育士)

夏なのに全身黒コーデだったり、グレーやネイビーなどのダークカラーコーデは、男性ウケが悪いみたい。
「暑苦しい」「夏らしくない」と男性は残念に思ってしまうのだとか。

爽やかさを感じる白や水色、元気な印象を与える黄色など、夏らしいカラーを取り入れてみるといいですね。


男性が夏の女性に求めているのは「爽やかさ」なのかもしれませんね。

夏はただでさえ暑いので、見た目ぐらいは涼しくしてほしいというのが男性のホンネということなのでしょうか?
「近寄りがたい」と思われないためにも、夏のNGコーデには気をつけてくださいね。

(恋愛jp編集部)