モテを意識するなら、色気を出すことは大事。
しかし服装で色気を出したいからと、過度に露出していませんか?
それもしかすると下品に見えているだけかも……。

そこで今回は、男性が実は引いてる「下品見えファッション」を、紹介していきます。

(1)谷間強調

『遊び相手にされそうな女性ってイメージ』(27歳/広告)

いくら胸に自信があっても、わざと強調しているような服は下品に見えるもの。
襟元が大きく開いている服だと、前かがみになった時にかなり見えてしまいます。

それはセクシーではなく、だらしない印象に。
鎖骨のラインをキレイに見せる服が、上品な色気に繋がりますよ。

(2)短いボトムス

『彼女には絶対して欲しくないファッションだね』(29歳/商社)

マイクロミニのスカートやパンツなど短いボトムスも、露出し過ぎていて下品に見えるもの。
若ければ元気に見えますが、大人の女性がすると「痛い」印象さえ与えます。

またアウターでボトムスが見えないと、履いていないように見えます。
そうなると男性にとっては下着と変わらないのでNGコーデ。

(3)下着が見える

『下着は見えたらアウトでしょ』(26歳/営業)

露出が多くなると、ブラ紐が見えてしまったり、下着のラインが見えてしまったりするもの。
下着が見えてしまうと、セクシーさはなくなります。

薄手のトップスでブラが透けて見えるのも、もちろんNG。
見せ下着であっても男性は区別がつかないので、下着は見えないようにしましょう。

(4)脇が大きく開いている

『下着が全部見える時とかセクシーじゃなくて、みっともないよね』(30歳/金融)

脇が大きく開いているデザインの服は要注意!
体の角度によって、下着が見えたり素肌が見えたりして、みっともなく見えます。

わざとしているというより、気づいていない人が意外に多い。
袖口が広く開いているものは、鏡で見え具合を必ずチェックして、インナーを着用するようにしましょう。


ある程度の肌見せは、モテを意識するなら必要です。
しかし必要以上の露出は下品なファッションとして捉えられます。
下品と思われたら恋愛対象外になることもあるので、上品な色気を目指してくださいね。

(恋愛jp編集部)