キスで終わりなんてイヤ!でも彼からは何もしてくれない……。
だからって女性から誘うなんて勇気がいりますよね。
だったらキスで彼を興奮させてみてはいかがでしょう。

そこで今回は、男性をその気にさせる「キスの最中にする言動」を紹介していきます。

(1)ぎゅっと抱きつく

『体が密着すれば、ダイレクトに体が反応する』(32歳/企画)

キスの時、体を押しつけるようにぎゅっと彼に抱きついてみましょう。
体が密着すれば、それだけ興奮は高まるもの。

腕を彼の背中や首に回せば、ぎゅっと抱きつけてムリなく体が密着すると思います。
体が密着すると、熱や興奮も伝わりやすくなるので、彼の興奮に火をつけることが可能。

(2)身を委ねる

『俺に任せるってこと?みたいな感じになったらOKの合図でしょ』(28歳/商社)

彼の呼吸に合わせながらキスをし、徐々に少しだけ体を彼に預けるようにします。
そうすることで身を委ねていることがわかるので、彼は自分のものになったように感じるもの。

そうしてキスも彼がしたいように合わせていきます。
完全に体を委ねてしまえば、「身も心もあなたに委ねています」ということがわかり、彼はキスだけでは収まらなくなりますよ。

(3)目を見つめる

『潤んだ目で見つめられて、ドキドキしないわけないよ』(25歳/公務員)

お互いが興奮するようなキスをするには、雰囲気作りが大事。
キスする前、途中、キス後、どのタイミングでもいいので、彼の目を見つめるようにしてみて。

見つめ合うことで、艶っぽい雰囲気が出てドキドキするもの。
そのドキドキが徐々に興奮に変わりますよ。

(4)吐息

『思わず漏れ出したような吐息はめちゃめちゃ興奮する』(29歳/広告)

色っぽいキスにするには、吐息が重要な役目を果たします。
キスだけではなく聴覚の刺激がプラスされるので、興奮度はアップ。

少し喘ぐように「んっ……」と言ってみたり、キスとキスの間に漏れでたような小さな吐息を入れてみたりなど。
最初からするとわざとらしいので、中盤辺りから吐息を混ぜるようにしてみて。


興奮するキスにするには、まずは雰囲気作りが大事。
あまり大袈裟にするのではなく、自然になるように気をつけましょう。
色っぽいキスで、彼をその気にさせてアツい夜を楽しんでくださいね。

(恋愛jp編集部)