彼女ともっと色々なプレイを楽しみたいと感じても、彼女の反応が気になって、男性はなかなか言い出せません。
彼が色々なプレイを楽しみたいと思うのは、単なる体だけのつきあいではなく、大好きな女性だからこそです。

そこで今回は彼女に言い出せないけれどしてみたい「切望しているプレイ」4つを紹介します。

(1)イメージプレイ

『彼女に制服着てもらってエッチするのが夢!』(28歳/営業)

イメージプレイの中でも「制服プレイ」や「OLプレイ」を彼女としてみたいと思う男性は密かに多いです。
女性からすると「変態っぽい」とも思われがちですが、自分の大好きな彼女が会社ではどんな仕事をしているのか男性としては気になるものですよ。

「彼女は魅力的なので他の男性にエロイ目で見られていたら」「自分の会えない時間を一緒にいられる会社の男性が羨ましい」などといろいろな感情を抱きます。

愛する彼女を自分だけのものにしたいという欲望から、男性はイメージプレイをしたいと感じるのです。

(2)目隠しプレイ

『目隠しして快感に集中してほしい!』(30歳/金融)

男性は内心Hをしながら「感じてくれているけど演技してないだろうか」と不安になるものです。
大好きな彼女だからこそ、自分とのHで気持ちよくなって欲しいという気持ちの表れでもありますよ。

目隠しをして彼女の視覚をさえぎることにより、本当に感じているのか確かめたいと内心思っています。

(3)じらしプレイ

『じらして可愛くおねだりされたい(笑)』(28歳/IT)

Hの時にリードはしたいと感じますが、「おねだり」や「可愛いわがまま」を言って欲しいと男性は密かに思っています。
そこであえてじらして彼女の反応を見ることで、どうして欲しいのか言わせたいという気持ちがあるのです。

(4)ソフトSM

『あんまりハードなSMはちょっと抵抗あるけど、ソフトSMくらいならやってみたいな』(29歳/企画)

ハードなプレイはNGですが、彼女とソフトなSMプレイを楽しみたいという男性は多いです。

SM自体アブノーマルに感じて抵抗のある女性もいますが、男性はプレイを楽しみたいというよりは、彼女の違う一面を見たいというのが本音。
一緒にもっと気持ちよくなりたいという胸の内の表れでもあります。


この記事では男が実は「切望しているプレイ」4つを紹介しました。
単にプレイを楽しみたいというよりも好きだからこそしてみたいプレイなのです。

彼のそんな気持ちを受け止めて色々なプレイに挑戦してみると、彼との愛が深くなるでしょう。

(恋愛jp編集部)