彼にいうのは恥ずかしい、と感じる言葉。
実は彼が言われたらとっても嬉しい言葉だったりします。

恥ずかしさをこらえて言葉にすると、2人の仲はたしかなものになるでしょう。

(1)○○くんだけ

『特別だよって言われてる感じがたまらなく嬉しいです』(27歳/金融)

男子は名前を呼ばれるのが大好きですが、そのあとに「だけ」なんてつけられたらテンションがブチ上がること、間違いなし。

ここぞ!というタイミングを見計らって、「これは、○○くんだけ!」と可愛い声で伝えてみましょう。
愛され女子の座を我が物とすることができるでしょう。

(2)一緒にいたい

『一緒にいたいって可愛く言われたらグッとくる』(29歳/企画)

実際は一緒にいられないシーンでも、「一緒にいたい」の言葉を添えておくだけであなたの印象はずいぶん変わります。
今後あなたと一緒にいられるように努力をしてくれるでしょうし、素直なあなたに惚れ直してくれる可能性も。

間違っても、束縛強めな言い方にならないように。
可愛い印象を大切に、「一緒にいたい!」と伝えてみましょう。

(3)かっこいい

『女の子にかっこいいって言われて嬉しくない男なんていないよ!』(31歳/経営)

男子という生き物は、幼児期から「かっこいい」が大好き。
女子に「かっこいい」と言われるためなら、どんな努力でもしてしまいます。

もはや本能とも呼べるこの特徴をうまく利用して、男心をくすぐりましょう。
男心をくすぐってくる女子に、男子は嫌でも女性らしさを感じるものです。

(4)好き

『あらためて言葉で伝えられるのは嬉しい』(30歳/飲食)

とっておきの愛されワードは、やっぱり「好き」でしょう。
でもいうのは照れくさいですね。

照れのハードルを乗り越えるポイントは、一言目は、彼の目を見ずにつぶやいてみましょう。
「え?」と聞き返されたら、チャンスです。

次はしっかり目を見て「好き」とつぶやくのです。
言葉にしないと伝わらない思いが、カップルの間には溢れています。


照れのハードルは、超えてしまえば低いもの。
彼との次なる関係を構築するためにも、ご紹介したモテワードをつぶやいてみてくださいね!

(恋愛jp編集部)