デキる女って、同性から見ても魅力的ですよね。
そんな女性になれば、男性からモテること間違いなし!

今回は、デキる女の「色の組み合わせ」の鉄則をご紹介します。

(1)明るい赤

『一目見て惹かれるのが、やっぱり赤。女性らしい』(29歳/証券)

赤い色は、気分を明るくしてくれる素敵な色。
自分だけでなく、周りも鼓舞するくらいの力があります。

人の目につくビビットな赤をオフィスカジュアルにとりいれるといいでしょう。

(2)優しいベージュ

『落ち着いている印象があるベージュで、周りを癒している人がいる』(30歳/不動産)

ベージュは、無難なカラーで落ち着きを引き出してくれます。
周りも和むくらい、大人な女性という印象を与えたいときにオススメの色。

ベージュのパンツやカーディガンを着てみるといいでしょう。

(3)爽やかホワイト

『白いパンツとか履きこなしている人って絶対デキる!』(32歳/広報)

白いパンツって履きこなしたくても、なかなかできないですよね。
それができちゃうからこそ、そんな女性はデキる女なのです!

ムリかな……と思っても、白いパンツを履いてしまえば、デキる女になれるかも♡

(4)大人な黒

『大人な女性って黒とかモノトーンが多いと思う』(30歳/広告)

モノトーンコーデは、仕事場でも無難な色。
さらにパステルカラーなどを取り入れるよりも、断然大人っぽくなります。

黒のカーディガンやアンサンブルで、大人の女性を目指しましょう。


仕事もデキる女は、コーデからデキています!
服をみれば、仕事ができるかどうかもバレてしまうかも。

大人なカラーで、魅力的な女性をみせてみましょう。

(恋愛jp編集部)