気になる彼との大切な日には、ファッションだけでなく、下着にも気を使いたいところ。

今回は、男が見てがっかりする「女性の下着」をご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

(1)外見とのギャップ

『派手な服装なのに下着は地味……なんで?』(28歳/企画)

普段の服装と下着の好みは同じですか?
中には服装は大人しめだけど、下着は派手な物が好き。

逆に服装は露出が多く派手だけど、下着はシンプルな方もいますよね。
男性からすると、それは悪い意味でのギャップとなってしまいます。

長く付き合っている場合は、気分転換のために変わったタイプの下着を身につけるのもあり。

これからお互いを知っていくという距離感の時は、自身の印象と合った下着を選ぶのがオススメです。

(2)盛り過ぎ

『服の上からだともっと大きく見えたけど……』(29歳/不動産)

洋服に合わせて胸にボリュームが欲しいとき、気分を上げたいときに盛れるブラをつける方も多いのではないでしょうか。

服の上から見たサイズと全然違うという場合、驚いてしまう男性も。
胸の大きさだけで女性を選ぶという男性はそう多くはいないので、盛らなくても大丈夫。
背伸びしすぎないのがポイントです。

(3)ヴィンテージ

『くたびれてヨレヨレの下着……テンション下がる』(31歳/コンサル)

ヴィンテージ下着。
年季の入った下着のことです。

普段つけているから気づきにくい場合もありますが、よく見るとくたびれていることも。
ゴムが伸びていたり生地が薄くなっていたりするものは、大事な場面では避けましょう。

リラックスできるお気に入りの下着は、お家の中だけにして、遊びに行くときの下着は新しいものをゲットしましょう。

(4)チープ

『キャラクターものの下着!?小学生!?』(30歳/金融)

プチブラブランドでも手に入る下着ですが、年相応のものを選びたいところです。
大人の女性がキャラクターもののブラをつけていると、一気に子どもっぽい印象になってしまいます。

プチプラでもしっかりとした生地、デザインのものを選びましょう。


今回は、男が見てがっかりする「女性の下着」を紹介しました。

実は男性はそれほど気にしていないと言われる下着ですが、それは面と向かって言えないだけかも。
一度手持ちの下着をチェックしてみるのもオススメです。

(恋愛jp編集部)