付き合ってもすぐに別れてしまったり、遊ばれてしまったり……。
何回もツライ恋愛が続くと疲れ切ってしまいますよね。

今回は恋愛下手な女性に「ありがちな習慣」のご紹介です。

(1)自分の意見がない

『自分の意見をもって動かないと恋愛なんてうまくいくはずないよね』(28歳/商社)

何か決めるにも逐一友達に相談。
とりあえずその場の空気を重視して受け答え。
これでは上手に恋愛を進めることが叶わないでしょう。

自分の意思で考えて行動しないと、恋愛は長く持続できないもの。

失敗してもいいくらいの気持ちで、思い切って自分の意見を伝えるようにしましょう。
経験を積み重ねればどうすればいいのかわかってきますよ。

(2)焦って進める

『あまりに急展開だとついていけないです』(30歳/証券)

じれったさを感じて急展開を促してしまうと、恋愛は失敗してしまいがち。

というのも恋愛で何より重視したいのはタイミングだからです。
早ければいい、遅ければいいという概念が通用しません。

同じ言葉でもいうタイミングで効果は異なります。

「もう少し様子を見てから判断したかったのに」と思う相手に告白して、撃沈なんてことも。
焦らずお互いのペースで進めていきましょう。

(3)ハッキリしたい

『なんでもかんでもハッキリさせればいいってもんでもないよ』(32歳/経営)

大人になるほど、恋愛は「ハッキリしないことだらけ」になってきます。
告白無しでスタートして結婚にいたるなんてこともザラです。

ここで「付き合ってるのか付き合ってないのかハッキリしたい」と迫ると、うまくいかなくなることもあるでしょう。
直接的に聞かなくても、関係性を確かめる方法は案外あります。

(4)自信がない

『ネガティブすぎる子って恋愛に向いてないと思う』(31歳/人事)

自分に自信がないと、何事も最後まで遂行することが難しくなります。
「もしかして失敗するんじゃないか?」という思考は、現実へ影響を与えるのです。

恋愛中は極端にポジティブになったり、極端にネガティブになると目の前のことが見えなくなります。
現在の相手の状態に一番目を向けて、思いやりの心で接しましょう。


今回ご紹介した事項はどれも、いわば思考の癖といえます。

解決することで恋愛以外の場面でもうまくいくかもしれません。
自分とじっくり向き合っていきましょう。

(恋愛jp編集部)