大好きな彼と喧嘩をしてしまった……。
早く仲直りをしたいけれど、どうしたらいいのかわからない……。
今回は大好きな彼と「上手に仲直りするLINEテクニック」を4つご紹介していきます。

(1)「ごめんなさい」と素直にいう

『彼女の方から素直に謝ってくれると、なんでこんなに怒ってしまったんだろうって反省する』(30歳/人事)

「ごめんなさい」 と素直にいうのは仲直りをするのが一番早い解決策です。
彼に対して「やっぱり私が悪かったかな」と思ったら、その気持ちを伝えましょう。

男性は比較的「ごめんなさい」をいうのが苦手な人が多いですよね。
彼ももしかしたらそのタイプかもしれません。
あなたが悪いかも、と思ったら「ごめん」と一歩歩み寄ってみましょう。

(2)挨拶は忘れない

『喧嘩してるときに無視されると、このまま別れた方がいいのでは……って思ってしまう』(28歳/営業)

「おはよう」「いってらっしゃい」「おかえり」という挨拶は、喧嘩中でもいうようにしましょう。
完全に相手を無視するということは、今までのパートナーシップを壊してしまいます。

挨拶は相手を認める初歩的なものです。
なのでいくら腹が立っていて許せないことでも決して挨拶は忘れないようにしましょう。

(3)彼が仲直りしたいポイントを見逃さない

『素直に言葉にするのは難しいけど、態度で反省してる様子を見せるから許してほしい……』(27歳/アパレル)

彼が仲直りをしたそうにするポイントを見逃さないようにしましょう。
男性は自分で「ごめんなさい」という言葉はあまり言わないかもしれません。
それでも普段しないお皿洗いをしたり、なにかをプレゼントしたりと、

パートナーの笑顔を見るための努力をしようとしてくれます。
これは彼が「仲直りをしたいな」ということを伝えているものです。
なので彼の気持ちを汲んで「ありがとう」と言って仲直りをしましょう。

(4)自分から「許す」

『彼女の方から許してくれるなんて、そんな大人な対応されたら惚れなおす』(28歳/金融)

自分から許すというのは一番難しいかもしれませんが、これができるパートナーシップは非常に円滑なものになります。
正し、男性側がきちんと「自分もわるかったな」と思っていることが前提です。
そうでない場合は彼は甘えた考えになってしまうので注意することが必要です。


早く仲直りしたいときのコツはわかりましたか。
実際はLINEでもいいですが、実際に会うことも大切でしょう。
彼はあなたとの関係を壊したいなんて願っているはずはありませんよ。

(恋愛jp編集部)

◆【毛の処理は脱毛一択!!】業界No.1コスパ&永久通い放題の脱毛サロンって?