夏に近づくにつれ肌を見せる機会が増えていくと思います。
しかし見せ過ぎも下品にみえてしまいがち。

そこで男性に聞いた、NGな露出と可愛い肌見せの違いをご紹介します。

(1)オフショル

『だらしない感じにも見えちゃうからあまり好きではないな』(32歳/教師)

女性からは可愛い!と思われるオフショル。
オフショルの肩出しは、夏らしい涼しさが一気に出ますよね。

ですが、彼からしてみると正直エロい服で、目のやり場に困ってしまうそう。
他の男性からもそう見られるということなので、少しやめてほしいと思われます。

(2)肩出しならワンショル

『まぁこれくらいの慎ましさならオッケー』(27歳/インテリア)

肩を出したいならワンショルでカジュアルダウンで十分です。
裸っぽさを抑えてくれるので、異性から「え?」と思われることも少なくなります。

肩じゃなくとも、うなじや鎖骨などを見せるだけで、肌見せの効果は得られますし、むしろ男性はそちらのほうが好みだったりします。

(3)ミニスカート

『絶対周りの男子みるから、彼女にはきてほしくない……』(29歳/総務)

ショートパンツやミニスカといった太ももがしっかりと見えるコーデは、オフショル同様に他の男性の目線が気になってしまいます。

まるで下着1枚で歩いているかのように、彼からしてみれば思ってしまうもの。
ミモレ丈のスカートなど足がしっかり隠れるスカートで大人の色気を出しましょう。

(4)ちょっとだけ見せるがポイント

『アウター脱いだらドキッとするくらいがちょうどいい』(29歳/証券)

可愛い肌見せで大事なポイントは「ちょっとだけ見せる」ということです。
抜け襟もざっくりと開いているものではなく、少しだけ開けて鎖骨などを見せると大人の色気を醸し出すのがポイント。

下心ではなくちゃんとした女性として見てほしければ、程よい露出を意識しましょう。
刺激が強すぎても男性に引かれてしまいます。


今回は、男性にきいたNGな露出コーデと、可愛い肌見せの違いをご紹介しました。
女性から見た肌見せは実は男性からしてみれば、少し刺激が強すぎのようです。

エロい目線で見てほしくなければ、大人の程よい露出を心がけましょう。
ワンショルでカジュアルダウンしてみたり、ミモレ丈で清楚なイメージを印象づけたりしてみてください。

(恋愛jp編集部)