大好きな彼氏には、ずっと愛されたいし長くお付き合いしたいですよね。
そのためにはどのような彼女になればいいのでしょうか?

そこで今回は、彼氏を虜にしてやまない「愛されテク」を紹介していきます。

(1)受け取り上手

『遠慮とかされると、気を許してくれてないみたいで嫌だな』(28歳/IT)

お付き合いしていくには、お互いのバランスってとっても大事ですよね。
愛されたいからと自分の愛情ばかりを相手に押しつけると、バランスが崩れるもの。

自分の愛情ばかりを押しつけるのではなく、彼氏からの愛情もきちんと受け取れることが、長く愛されるコツ。

彼氏が何かをしてくれる時、遠慮したり頑なに断ったりするのではなく、「ありがとう」と優しさを受け取ることで、愛情を受け取ってくれたと感じますよ。

(2)味方でいる

『絶対的に味方でいてくれるってわかるから、他の人には言えない愚痴とかも彼女には話せる』(32歳/不動産)

悩んでいる時、落ち込んでいる時など、彼女が一番の味方でいてくれると頑張れるもの。
心が弱っている時こそ、味方がいることは頼もしく安心できます。

彼女が味方だと思えることは、お互いに信頼関係ができている証拠。
彼氏に好かれたいからいい言葉を伝えるのではなく、日頃から信頼関係を構築することが大事です。

(3)胃袋を掴む

『接待とかで外食が続くと、無性に彼女の手料理が食べたくなる』(29歳/営業)

男性を虜にするには、胃袋を掴むことが大事。
自分のために彼女が料理をしてくれると、嬉しく感じるもの。

また好みの味を知ってくれていて、食の好みが合うことは、長くお付き合いしていく決め手にもなります。
彼氏の好みの味を知っていることが大事で、決してプロ並みの料理を求めていることではありませんよ。

(4)周りの人と仲良くなる

『自分の家族と仲良くしてくれている彼女は、なかなか手放せないよね』(27歳/金融)

彼氏の友達や家族などと仲良くなっていると、なかなか離れられないもの。
それは周りの人が認めている彼女を、手放すことは難しいから。

また自分が大切にしている人達と仲良くしてくれると嬉しく感じます。
ただし周りの人を彼氏から愛されるための手段に使うと、そのあざとい気持ちに周りが気付いてしまいますよ。


愛され続けるためには、彼女としてのスキルも必要。
ただし愛されたいからと彼氏とのバランスを崩してしまうと逆効果です。

一気に距離を縮めるのではなく、時間を掛けてゆっくり信頼関係を築いてみてくださいね。

(恋愛jp編集部)

診断バナー