好きな人に「好き」という気持ちを伝えるのは勇気がいることですよね。
しかし言葉にしないと伝わらないかもしれません。
今回は、正しい好きの伝え方をご紹介しますので、落としたい彼がいる人は、ぜひ参考にしてくださいね。

(1)視線を送る

『じっと見つめられるともしかして気があるのかも……って思ってドキドキする』(29歳/営業)

じっと見つめることで、気持ちを伝えることもできます。
目が合っても数秒は見つめることで、彼に想いが伝わるでしょう。
彼もあなたのことが気になっていれば、視線を送り返してくれるはずですよ。

また彼の方は何とも思っていなかったとしても、視線を送られることで、あなたのことが気になるようになるかもしれません。
気になる男性がいるなら、視線で想いを伝えてみてはいかがでしょうか。

(2)ストレートに言葉で伝える

『遠まわしなアピールされるよりストレートに伝えられるのが一番ドキッとしますね』(28歳/IT)

なかなか察してくれない男性もいます。
そのような男性は、ストレートに言葉で気持ちを伝えるのが一番です。
面と向かって言葉ではっきり気持ちを伝えれば、鈍感な男性にも伝わります。

彼も好意を持ってくれているなら、きっといい返事が聞かれるでしょう。
もし彼の方がとくに好意を持っていなかったとしても、自分のことを好きと言ってくれる女性に対して、好感を持つ可能性は高いです。

フラれるリスクもありますが、素直に気持ちを伝えてくれたあなたに好感を持ってくれる可能性もありますので、思い切って告白することで、彼の気持ちを自分に向けることができるかもしれません。

(3)手紙で伝える

『LINEじゃなくて手紙ってところがいい!気持ちがこもっていそう』(30歳/人事)

メールやLINEで用件を済ませることが増えたので、最近は手紙を書くことも少なくなりました。
しかしお礼状が手紙で届くと丁寧な印象を受けるように、LINEやメールに比べると手紙はインパクトがあります。
そこで彼に手紙で想いを伝えてみてはいかがでしょうか。

面と向かって告白するのは恥ずかしくても、手紙なら大丈夫でしょう。
あなたの直筆の手紙に彼は心を打たれるかもしれませんよ。

(4)ハグで気持ちを伝える

『突然ハグされたらもうドキドキが止まらない!』(30歳/コンサル)

友達以上恋人未満の関係が続いているようなら、スキンシップで2人の距離を縮め、想いを伝える方法もあります。
後ろから突然ハグしたら、彼もきっと気持ちに気づいてくれるはずです。

もし彼も恋人関係に進展させたいと思っているなら、ハグを返してくれるでしょう。
ハグで彼をドキドキさせたら、いつまでも中途半端な関係でなく、きちんと付き合おうと思ってくれるかもしれませんよ。


「好き」の伝え方もさまざまなものがありますので、あなたや相手の性格も考えて最適なものを選びましょう。
彼を落としたい方は、少し勇気を出して気持ちを伝えてみてくださいね。

(恋愛jp編集部)
本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。

LINE友だち追加バナー