初デートのときなど、話題がなくなって沈黙が訪れると焦りますよね。
「何かしゃべらなきゃ」と思っても、いい話題が見つからない…。

そんなときに使えるテクをご紹介します。
デートで会話に詰まったときの参考にしてくださいね。

(1)目の前のことを話題に

『事前にあれこれ話すことを考えてくるより、自然な会話ができていい』(30歳/証券)

趣味や休日の過ごし方、家族のことなど、基本的な話題はすべて出し尽くし、会話がなくなってしまったときは、目の前のことを話題にしてみましょう。
食事に行ったときなら、目の前の料理から好きな料理、嫌いな料理、行きつけのお店など。

また歩いているときなら、目の前の景色やお店などを話題にしてみては?
事前にネタを準備できませんが、今ふたりの目の前にあることを話題にすることで、一緒に盛り上がることができるでしょう。

(2)相手のファッションを褒める

『褒められると嬉しいしテンション上がるよね』(30歳/コンサル)

オシャレに気を遣っていそうな相手なら、ファッションを褒めることで会話につなげることもできます。
褒められると誰だって嬉しいものですよね。
「その〇〇素敵ね」と褒めることで、彼は褒められたアイテムについて話してくれるでしょう。

いつもどの辺りでショッピングしているかなど、話題を膨らませていくうちに、今度ショッピングデートをしようということになるかもしれません。
相手の好みがわかることで、プレゼント選びの参考にもなりますよ。

(3)一緒にスマホを見る

『一緒にスマホを見て話してたら、同じゲームをやってることに気づいて、そこからすごい盛り上がりました』(28歳/SE)

どうしても話題が見つからないなら、スマホに頼りましょう。
旅行した時の写真や、趣味の写真など、お互いに見せ合うことで、会話の糸口が見つかるかもしれません。
写真を見せ合うことで、「犬好き」「旅行好き」といった共通点が見つかるかもしれません。

写真がないなら、アプリでゲームを楽しむなど、会話以外のことで盛り上がるのもオススメです。
お互いが「楽しい」と思えることを見つけてみましょう。

(4)緊張していることを伝える

『緊張してるってことをストレートに伝えてもらえると可愛いし、沈黙も気まずくならなくていいね』(32歳/経営)

初デートや2回目のデートなど、まだ慣れないときは緊張してしまうこともありますよね。
緊張から会話が続かないときは、そのことを相手に伝えてみましょう。

「ごめんね……緊張しちゃって」とひとこというだけで、彼も沈黙が気まずくなくなります。
それどころか「可愛い」と思ってもらえるかもしれませんよ!


長く付き合っていれば会話が途切れても平気になりますが、はじめの頃は気まずくて焦りますよね。
そんなときは、会話に詰まったときのテクをぜひ使ってみてください。

(恋愛jp編集部)
本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。

LINE友だち追加バナー