付き合いが長くなると、何も言わなくてもわかりあえるような居心地のよさもありますが、反面マンネリに感じてしまうことがあります。
彼とのつきあいに「マンネリ」を感じてしまったらLINEを活用してみましょう。
付き合い始めた頃のドキドキ感がよみがえるようなLINEメッセージ4つを紹介します。

(1)感謝の気持ちを伝える

『あらためて感謝の気持ちを伝えられると嬉しいですね』(30歳/営業)

付き合い始めの頃って「好き」とか、相手を褒めるようなことをお互いにたくさん言っていたのに、時間が経つとそのようなことも少なくなってしまいますよね。
一緒にいるのが当たり前になってしまったり、やってもらうことが当たり前に感じてしまうことがあります。

そのような時は付き合い始めの頃の気持ちに戻って彼に感謝の気持ちを伝えてみましょう。
面と向かっていうのは恥ずかしいですがLINEなら言えることもあるでしょう。

(2)「今度行こうね」といってうやむやになっていた旅行などの計画を立てる

『昔行こうと言っていたけど行けなかった旅行の計画を立てると当時の気持ちを思い出して新鮮な気持ちになるね』(31歳/金融)

「また今度ね」とうやむやになっていた旅行などの計画を思い切って立ててみましょう。
できれば体験型の一緒に楽しめるようなアトラクションなどを日程に盛り込むと、ドキドキ感を共有できて、また新鮮な気持ちになります。

(3)彼が興味を持つような動画や画像を送る

『やっぱり自分の趣味を分かってくれてるのはこの子だなってあらためて好きになる』(27歳/IT)

彼が好きそうな動画や画像をLINEで送るのも効果的です。
彼がまだチェックしていない映画の新作やお笑いネタなどをリサーチして送ってあげると、「自分の趣味をわかっていてくれる」と感じます。

(4)仕事の話などを相談する

『普段の彼女とは違った、真剣な一面をみてドキッとしますね』(29歳/商社)

仕事の愚痴や悪口などはNGですが、やり方や対処法などについて相談することも一つの方法です。
仕事に対して真剣な姿勢が感じられるあなたのことを、彼はもっと応援したいと思います。


最近マンネリしてきたかも……LINEで「倦怠期を乗り越える」秘策4つを紹介しました。
単なる事務的な連絡ツールとして利用しがちなLINEですが、心のこもった一言でぐっとくることがあります。
あなたからのLINEを見て、彼もあなたへの思いを再確認するでしょう。

(恋愛jp編集部)