好きな相手とはLINEで繋がっていたいもの。
でも会話がつまらないと男性は内心「切りたいな」と思っていることがあります。
今回は男性が思う「楽しくない」彼女とのLINEのご紹介です。

(1)代わり映えがない

『同じようなLINEばかりでマンネリに感じる』(28歳/IT)

何度もLINEしているとネタに尽きてくるもの。
新しい話題を仕入れたり工夫しないと、代わり映えのないやり取りになってしまいます。
LINEがきっかけで彼に「マンネリ」を意識させてしまうのはもったいないですね。

「おはよう」「おやすみ」「お疲れさま」などの決まった言葉ばかりになるのはとくに危険です。
スタンプを変えてみるなど、単調にならないようにしましょう。

(2)自分の話ばかり

『自分の話ばっかりで話しててもつまらない』(32歳/経営)

女性側が自分の話ばかりして、男性に相槌を打ってもらっている場合、いいLINEとはいえません。
内心男性は「楽しくない」と感じている可能性大です。

まったく自分の話ができない会話は正直、退屈ですよね。
なおかつLINEだと大好きな彼女の表情や声を楽しむことはできず、文字だけが送られてきます。
感情を押し付けられている様な気分になるでしょう。

(3)噛み合わない

『スムーズにやりとりできないとLINEが面倒になってしまう』(31歳/不動産)

LINEをスムーズに進めるためには「テンポ感」が大切。
メッセージやスタンプの流れがいいと、ムリなく続くものです。

でもそこで会話の流れを乱す要素が生まれると「噛み合わない」と思い、返信したくなくなるもの。
相手のテンションとマッチしたスタンプを選ぶなど、注意を払いましょう。

(4)ダラダラ続けてる

『話すことないのにダラダラと続けてても楽しくない』(28歳/企画)

「男性と繋がっていたい」という一心でダラダラLINEを続けるのもNG。
実は恋愛は常に関わることで冷めてしまう傾向にあります。

駆け引きとしては、ちょっと物足りないくらいが適切です。
盛り上がったタイミングで切り上げるなどして、男性の気を引き続けるのが上手なLINEのテクといえます。


LINEでのマイナスイメージはその後のデートなどにも影響します。
かといってLINEは仲を深めるために大切なツールでもあり、欠かせませんね。
なるべく好印象でいられるように工夫しましょう。

(恋愛jp編集部)

◆PR-【毛の処理は脱毛一択!!】業界No.1コスパ&永久通い放題の脱毛サロンって?