女性の誰しも痩せているように見てほしいですよね。
そんな時にやりがちなのが痩せ見えコーデ。

でも、その体型カバーが逆に失敗していることも……。
そこで今回は逆に不自然な体型カバーコーデの失敗例をいくつかご紹介します。

(1)全身真っ黒

『暑苦しいしおしゃれではないよね』(28歳/販売)

黒で体型カバーというのはよくある話。
しかしそれはトップスなどに黒を持ってきたり、ボトムに黒を持ってきてバランスをよく見せて初めて効果がでるもの。

真っ黒にしておけばよいというわけではありません。
全身一色ではなく、差し色としていれることをオススメします。

(2)丈が長すぎるチュニック

『胴が長くて足が短く見えるんだよ』(31歳/総務)

チュニックは体型カバーをお手軽にできるアイテム。
しかし、丈が長すぎるチュニックはむしろ逆効果です。

裾が長すぎると、足が逆に短く見えたり、おばさんっぽく見えてしまいます。
ベルトなどを組み合わせてメリハリをつけることで、回避してみましょう!

(3)厚底すぎるサンダル

『たまに膝曲がりっぱなしで変な歩き方の子いるよね』(33歳/公務員)

身長を高くしたいのか、足を長く見せたいのかというような厚底すぎるサンダルもあまり効果的とは言えません。
カバーはできているかもしれません。

しかし厚底すぎるサンダルは、とても歩きづらく、みっともなく見える可能性があります。
せめてちゃんと歩ける様になってから履くようにしましょう。

(4)ふんわり甘いワンピース

『なんか年相応って大事なんだなって思う(笑)』(27歳/金融)

ワンピースは体型を簡単にカバーできるアイテム。
同時にワンピースは甘く幼く見えがち。

特に白ベースのドット入りだったりすると、服だけ若いというなんとも悲劇的な格好になりかねません。
ワンピースでも、大人でも恥ずかしくない落ち着いた色味のワンピースなどにしましょう。


今回は体型カバーの失敗例についてご紹介しました。
体型カバーをしたつもりでもできていなかったり、他のところがどうにも残念に写ってしまったりすることも。

体型カバーだけで安心しすぎないようにしましょう。

(恋愛jp編集部)