やっとデートの相手が見つかったと思えば、いつも2回目のお誘いはなし。
そんな1回のデートで飽きられる女性にはなりたくないものですね。

では1回のデートで男性が飽きちゃう女性ってどんな特徴があるのでしょう?
自分に当てはまる点はないかチェックしながら見ていってくださいね。

(1)自分の話ばかり

『自分の話ばっかりされても退屈になる』(29歳/広報)

おしゃべりで、自分の話ばかりしてしまう女性もいます。
男性にとっては興味がない話を延々と聞かされたら、「次はないな」と思ってしまうみたいですよ。

会話のキャッチボールが楽しめないだけでなく、彼が退屈そうな表情をしていることに気づけない鈍感さも問題ですね。
2度目のデートに続けたいなら、聞き上手になれるよう心がけましょう。

(2)受け身でおもしろくない

『何を聞いてもなんでもいいよって言われると楽しんでなさそうでこっちもつまらなくなる』(31歳/マーケティング)

自分から何かを提案することなく、何を聞いても「どっちでもいいよ」と答える女性もいますよね。
彼に譲っているつもりかもしれませんが、男性からは「楽しくないのかな?」と思われてしまうでしょう。

自分の意見をいうことがない女性は面白みがないので、「もうデートしなくていい」と思われてしまいます。
すべてが彼まかせにならないよう、自分の希望を伝えることも大切です。

(3)おごってもらって当然という態度

『男がおごって当然みたいな態度の子には奢りたくない』(32歳/経営)

初デートのお会計をどうするかは、人それぞれ考え方が違うでしょう。
割り勘を期待していない男性でも、一応財布を出す素振りくらいは見せてほしいという人が多いです。

しかし「男性が払って当然」という態度で、財布も出さなければお礼も言わないという女性もいるようです。
初デートでそのような態度を取られたら、2回目のお誘いはない場合が多いでしょう。

(4)無神経な質問をしてくる

『初デートで年収聞いてくるような無神経な相手とは次はないかな……』(30歳/SE)

初デートは、まだ付き合うかどうか決めていないこともあります。
これから少しずつ知り合っていって付き合うか決めたいのに、細かいことまで質問ばかりしてくると、男性は引いてしまいます。

趣味や出身地、好きな食べ物など、当たり障りのない質問ならいいのです。
しかし年収や宗教から元カノの話まで、初デートで聞くべきではないことまでどんどん質問すると、「もう会わなくてもいいや」と思われてしまうでしょう。


1回目のデートは2回目に続ける大事なデート。
初デートで飽きられるような言動は避けたいですね。

お互いに楽しめるデートになるよう、相手の気持ちも考えるようにしましょう。

(恋愛jp編集部)