付き合い始めのカップルは、彼が元カノの話をしたり自分と比べたりすることでトラブルをよく起こします。
元カノ以上の存在になるためには、どのようなことに気をつけていればいいのでしょうか?

(1)彼の心中を分析

『別に未練があるわけじゃなく、単に昔話として話してるだけ』(29歳/SE)

まずは元カノの話をする彼の心中を分析してみましょう。
大抵の場合は、何も考えずにただ思い出話をしていたり、無神経に比べたりしています。

未練があるわけではない場合は、素直に「元カノの話、聞きたくないな」と伝えてみましょう。
元カノに未練がある場合は、頭ごなしに否定するのは得策ではありません。

(2)元カノ話を聞く

『きっと嫌だろうに、きちんと話を聞いてくれる彼女はいい子なんだなって思います』(27歳/営業)

彼に元カノへの未練があると感じたら、じっくりと元カノとの話を聞いてあげましょう。
時には耳や胸が痛くなる話もありますが、それを含めて彼との関係を構築するのです。

「あれ?元カノより居心地がいい」と彼が感じれば、あなたには元カノを超える存在になれるポテンシャルがあります。
急激に相手を好きになる女性と比べて、男性は女性のさまざまな面に触れながら徐々に好きになっていく傾向があります。

個人差はありますが、半年から1年くらいかかる場合も。
「きっと嫌だろうけど、じっくり自分の話を聞いてくれるなんて素敵な子だな」と、時間をかけて思わせるのです。

(3)自分らしさを出す

『元カノのことばかり気にして、元カノみたいな雰囲気になられるのは嫌だな』(29歳/公務員)

元カノ話を聞いているばかりでなく、自分らしさを彼にアピールすることも重要です。
“思い出は美化される”という言葉の通り、彼の中でどんどん美しいものになっていく元カノには叶わない、と感じることもあります。

しかしあなたが目の前であなたらしい魅力をアピールすれば、やはりそれに勝るものはないのです。

(4)気持ちを伝える

『すべてを受け入れて好きでいてくれてる彼女は唯一無二の存在なんだなって思いました』(30歳/商社)

「元カノとの思い出を含めて、○○くんが好きだよ」と、自分の素直な気持ちを定期的に伝えてみましょう。
元カノは元である以上、彼とは相性が悪かったわけです。

そんな元カノへの思いを早く思い出にしてもらうためにも、あなたの素直でまっすぐな気持ちを彼に伝える必要があります。
焦りは禁物ですが、不安になりやすい彼の心を安定させるためにも、気持ちを伝えることを意識してみましょう。


自分にとって、厄介な存在であることの多い元カノ。
しかし元カノを超えるためには元カノの存在を武器にするくらいの気持ちで、彼との関係を温めましょう。

(恋愛jp編集部)