エッチ中にわがままいうのって恥ずかしいですが、可愛いわがままならほとんどの男性は引いたりしません。
それどころか彼女がエッチに積極的なことを喜んでくれますので、どんどん言っちゃいましょう。

今回は、男性が喜ぶエッチ中のわがままを4つご紹介します。

(1)「もっと」

『H中のもっとって言葉は興奮する』(28歳/マーケティング)

「もっとしてほしい」というのは、男性にとって褒め言葉のようなものです。
彼女は気持ちいいから「もっと……」と言っているのです。

あなたの気持ちいいポイントを彼が探り当てたら、遠慮せずに「もっと」とお願いしてみましょう。

(2)「もう1回したいな」

『こんなこと可愛く言われたら俄然盛り上がる』(29歳/金融)

終わった後、「もう1回したいな」とわがままを言ってみましょう。
何回もしたくなるということは、よほどよかったんだなって彼の自尊心をくすぐります。

恥じらいながら、「もう1回したい」と可愛く言って、彼を喜ばせてみませんか?
よほどお疲れでなければ、彼もすぐにしたくなるでしょう。

(3)「こっちも触って」

『気持ちいい部分を教えてくれると一緒に楽しめていいよね』(28歳/営業)

彼の手を自分の気持ちいいポイントに導きながら、「こっちも触って」とおねだりを。
自分の気持ちいいところを教えると、彼は張り切って期待に応えようとしてくれますよ。

エッチを一緒に楽しみたいから、気持ちいいところはどんどん教えてほしいって彼も思ってるはず。

(4)「まだイカないで」

『こんなセリフ言われたらめちゃくちゃ興奮する』(31歳/人事)

「まだイカないで」という言葉には、彼女のエッチへの積極性が感じられるので、喜ぶ男性が多いです。

もっとしていたいということなので、男性を興奮させますよ。
きっと彼は喜んでイクのを我慢してくれるでしょう。


エッチをもっと楽しみたくて出てくるわがままなら彼も大歓迎してくれます。
最初は少し恥ずかしいかもしれませんが、「もっと気持ちよくなりたい」という希望が彼に伝わります。

エッチをこれまで以上に充実させるためにも、わがままを言ってみましょう。

(恋愛jp編集部)