夏はお祭りや海など、お出かけできるイベントが満載ですし、好きな人や彼氏ともたくさんデートできるチャンスですよね。

ですがあまりにも気合を入れすぎると、逆に服装や行動でドン引きされてしまうこともあるものです。

せっかくつかんだチャンスをムダにしないためにも、夏デートでドン引きされることだけは避けたいところ。

そこで今回は、男性が夏デートでドン引きした女子の特徴をご紹介していきます。

(1)正直言って汗臭い

『近づいたら汗臭くてガッカリ……』(29歳/不動産)

夏は汗ばむ季節なので、臭いのケアはしっかりと意識することが大切です。

汗の臭いは、とくに近づけばよりにおってしまうもの。
正直汗臭くてムリだった……なんて相手の男性からは思われないように要注意です。

(2)露出度が高すぎる

『露出度が高すぎて下品!』(29歳/企画)

夏といえば、半袖、ノースリーブ、ショートパンツ、ミニスカート……。
まさに露出度の上がる季節なので、少し下品なファッションにはならないように気をつけましょう。

たしかに露出度が上がるとセクシーですが、男性は女性の清潔感も大事にしたいものなので、あまりにも品のない服が引かれるだけ。

「なんか下品だなぁ……」なんて思われないように、露出度はしっかり調整するようにしてくださいね。

(3)日焼け対策しすぎて季節感がない

『日焼けが気になるのはわかるけど、やりすぎで暑苦しい』(31歳/広報)

露出度を上げすぎるのもNGですが、逆に日焼け対策をしすぎて長袖を着ていくのもさすがにNGです。

もはや季節感とは?といった印象のファッションに、男性はドン引きしてしまうばかりでしょう。

(4)公衆の面前で化粧直しをする

『電車の中で化粧直しする姿に幻滅』(30歳/マーケティング)

夏はたしかに化粧も崩れやすいですし、崩れたらこまめに直したいところですよね。

ですが電車の中など、衆の面前で堂々と化粧をなおすのはやめましょう。
マナーを欠いた行動に、男性は「あ〜こんな子なんだ……」と残念がるのは必至です。


夏デートに気合を入れるのは素敵なことですが、舞い上がりすぎないことにだけは注意したいところですね。

露出度の高いファッションや、汗臭さなどには、さすがに男性もドン引きしてしまうもの。
もう誘わない……なんて思われないよう、ぜひ気をつけてくださいね!

(恋愛jp編集部)