男性がしてみたいのが、エッチのときのキスマーク。
キスマークをされると、嬉しい反面どういう意味かなと気になりますよね。

そこで今回は、場所別「キスマークの意味」をご紹介します。

(1)首筋

『首筋が一番つけやすいし、目立つと思う』(27歳/営業)

キスマークのド定番といえば、首筋。
一番つけやすいのはもちろん、誰からも見える場所ですよね。

そのため男性の独占欲がしっかりと見られます。

(2)腕

『彼女のぷにぷにした腕が好きで、よくキスしたくなる』(30歳/証券)

腕は、皮膚が柔らかくてキスマークがつけやすい場所。
とくに男性は、女性の二の腕が好きだったりするもの。

そんな腕へのキスは、あなたを本当に愛しているという意味があります。

(3)手の甲

『愛しいなぁとか思うと、手の甲にキスしたくなる』(24歳/人事)

キスマークというよりも、ふとキスしたくなるのが手の甲。
男性が手の甲にキスをする瞬間は、まるで王子様にキスされているみたいですよね。

手の甲へのキスは、あなたへの尊敬へ親愛の気持ちが高まっているということ。

(4)胸

『エッチをしていて、一番つけやすいのが胸かな』(31歳/広報)

エッチの流れからだと、胸にキスマークをつけやすいもの。

胸につけるキスマークは、独占欲を満足させたい気持ちでいます。
首筋と同じような感じと言えるでしょう。


男性がどこにキスマークをつけるかで、意味は少しずつ変わってくるもの。

知っていると男性の心理がわかるようで興味深いですよね。
彼の愛情を受け取って、あなたもキスマーク返ししてみては。

(恋愛jp編集部)