「彼に送ったLINEに既読が付かない」という状況になると、思わず不安になってしまいますよね。
ある意味「既読スルー」よりも恐怖度は上かもしれません。

今回は、LINEで「未読スルー」されてしまう原因について調査してみました。

(1)通知上で読んでいたから

『通知で内容は確認したけど、返信はいらなそうだと判断したから』(30歳/企画)

まず未読スルーの原因でよくあるのが「相手は通知上でメッセージを読んでいた」というもの。
LINEやスマートフォンの設定で、LINEの通知を大きな画面で出すことができるため、その通知でメッセージをすべて読んでいた、ということですね。

メッセージが短文であったり、返信が必要なさそうな文章だと、こういった形での未読スルーが多発する傾向にあります。

(2)毎回どうでもいいLINEをしているから

『毎回内容がないことを送られてるといちいち反応するのが面倒になる』(27歳/飲食)

あなたは彼にどんなLINEを送っていますか?
彼に伝えるべきことの報告や今後の予定の確認など、中身のあるLINEであればOKですが、「今○○してる」「さっき○○食べたよ~」というLINEを逐一送られると、男性は疲れてしまいます。

そしていちいちLINEを開いて反応するのが面倒になり、未読スルーに繋がってしまうのです。

(3)一方的に話しているから

『別に俺にLINEしなくてもTwitterとかに書けばよくない?って思うような内容だから』(28歳/人事)

つい自分の話題に夢中になって、彼に対して一方的に話していませんか?
世のカップルの中にも、LINEが「連絡・会話ツール」ではなく「愚痴ツール」になってしまっているケースが沢山あります。

そして「俺ってなんでLINEしてるの?」という疑問から、未読スルーになってしまうことがあるようです。

(4)LINEにルールがあるから

『LINEする上でルールが多すぎてしんどくなった』(31歳/マーケティング)

彼が未読スルーの原因は、「LINEをする上でのルールを作ったから」かもしれません。
カップル同士のLINEだからとたくさんのルールを作ったがために、ルールを守ることが面倒になってしまい、LINE自体が嫌になってしまうパターンですね。

このタイプのカップルはLINEに恋愛を振り回されているので、まずはLINEから距離を置くのが正解でしょう。


気付いていないだけなのか不安になる……!LINEで「未読スルー」される原因について調査してきました。
未読スルーされる原因は、自分にとっては「そんなこと?」と感じるものでも、相手にとっては決定的である場合がほとんど。

もし彼からの未読スルーで悩んでいるなら、LINEから距離を置くことも視野に入れてみて。

(恋愛jp編集部)