夏はコーデにも気合が入りますし、つい舞い上がって空回りした服装になってしまうことも多いもの。
とくにデートに向けて勝負コーデとして気合を入れる人は多いでしょう。

ですがその結果、男性ウケがゼロなコーデになってしまっては本末転倒ですよね。
そこで今回は、男性ウケの悪い夏デートコーデについて解説していきたいと思います。

(1)タンクトップ×ショートパンツ

『露出しすぎ!肌出しすぎてて下品』(28歳/広告)

露出度高めのタンクトップ×ショートパンツのコーデ。
ラフなカジュアル感もたっぷりで、家の中で過ごす部屋着としては十分魅力的なもの。

しかし外を出歩くには、少々ラフすぎますし、何より大人の女性としてちょっと品がないのは事実。

肌見せは普通の半袖と膝丈スカートで十分なもの。
気合を入れすぎて露出に関してもカジュアルになりすぎないよう注意しましょう。

(2)TPO無視のサンダルスタイル

『ここでサンダルはないでしょ……』(27歳/人事)

サンダルも可愛らしいのは多いですが、TPOを無視してしまうことには要注意です。
たとえばおしゃれで雰囲気のいいレストランに行くのに、カジュアルなサンダルを履いていくのはちょっと困りものですよね。

入店時には、間違いなくドレスコードでNGを食らってしまうでしょう……。
そのTPOの読めない具合に、彼もガッカリするはずです。

(3)キャラクターのプリントTシャツ

『いい大人がキャラクターのシャツはちょっと……』(28歳/不動産)

Tシャツを着るなら、やっぱりおしゃれなプリントのあるものを選びたいですよね。

そんな中で注意すべきは、キャラクターのプリントTシャツ。
当然ながら大人の女性にはあまり合わないデザインなので、男性ウケはあまりいいとは言えないでしょう。

(4)デカめのサングラス

『デカめのサングラスって正直ちょっと怖い』(31歳/SE)

サングラスをするにしても、あまりにデカめなものには要注意。
黒いレンズで、レンズ自体が大きめで……まさに芸能人のような出で立ちです。

いかにも気の強そうな女性という感じが出ていて、正直、男性ウケすることはあまりないでしょう……。


夏のデートコーデを考える際は、ぜひ以上のような痛い失敗はしないこと。
そんな服装ででかけた日には、彼もすぐに帰りたくなってしまうでしょう……。

(恋愛jp編集部)