子どもっぽく見られるファッションが多いと、自然と男性からドン引きされることも多くなります。
大人になったのなら、やっぱり年齢相応で落ち着いた服装を中心にしていきたいですよね。

今回は、子どもっぽく見られるファッションについて解説していきたいと思います!

(1)原色多め

『原色コーデって子どもっぽくてあんまり好きじゃないな』(29歳/企画)

まず子どもっぽいと思われがちなのは、原色多めの派手コーデ。
どれだけおしゃれに見える組み合わせだったとしても、原色が多いと、どうしても子どもっぽい印象にはなりがちです。

そもそも男性は清楚で優しい感じの女性を好むので、派手さMAXな子どもっぽいファッションには苦手意識を持ちます。

(2)キャラクターのプリントがある

『キャラもののプリントシャツは子どもっぽくて嫌』(30歳/販売)

キャラクターのプリントがあるような服も、残念ながら子どもっぽい印象がつきがちです。

男性も、そろそろキャラものからは卒業しようよ……なんて感じてしまうでしょう。
そんな服装でデートに来られた日には、デートのコンセプトによっては帰りたくなる男性も。

(3)チェック柄

『チェック柄って色によってはすごい子どもっぽく見える』(27歳/マーケティング)

一概にそうと言い切れるわけではありませんが、チェック柄も子どもっぽく見られる傾向があります。

とくにギンガムチェックや、原色の赤や黄色などの色が目立つチェック柄は、どうしても子どもっぽいイメージに。

チェック柄の服を着るなら、なるべく落ち着いたカラーリングのチェック柄を選ぶと良さそうですね。

(4)ミニスカやショーパン

『ミニスカってかなり若い子じゃなきゃ恥ずかしいよね』(31歳/人事)

ミニスカやショーパンなど、太ももを大きく露出できるのは、もはや大学生くらいまでの特権ともいえるでしょう。

社会人になってもそんな格好が多いと、男性もさすがに引いてしまうパターンが多いです。
そろそろスキニーやロングスカートで大人っぽさを出していきたいところですね。

ミニスカなどは露出度も高いため、いい歳して恥ずかしい……と思われることも多いでしょう。


子どもっぽいファッションは、その人の内面のイメージも子どもっぽくしてしまう場合があります。
そのせいですっかりデート2回目以降に誘われなくなってしまう人も多いです。

大人の女性なら、やっぱり大人っぽさや清楚さを一番に大切にしていきたいですね。

(恋愛jp編集部)