ただモテるだけでなく、意中の男性から「彼女にしたい」と思われる女性。
彼女たちこそが、真のモテ女なわけですが、どんな秘訣があるのでしょうか?

(1)感謝

『きちんと感謝ができる人っていいですよね』(29歳/営業)

まずは感謝をきちんと口にできること。
これはモテ女の必須条件です。

口ばかりでなく、心からの感謝を男子は敏感に察知しています。
“男性にやってもらうのが当たり前”ではなく、お礼の気持ちとお礼の気持ちを形にしたものを添えてプレゼントできれば、確実にモテ女の階段を歩めるでしょう。

(2)男性に興味がある

『積極的にアプローチしてくれる子の方が興味が湧く』(28歳/IT)

そもそも論ですが、男性に興味があることをアピールしておかないと、よほどの美人でない限り男性の眼中には入りません。
同性からは「男好きじゃない?」なんて誤解されることもありますが、それくらいでないと鈍感な男性にはわからないもの。

男性に興味があることはおかしいことではなく、恋愛がしたい女子なら当たり前のことと割り切って。
積極的にアピールしてみましょう。

(3)出しゃばらない

『男同士で楽しんでるところに割って入ってくるような子は嫌だな』(30歳/広告)

少しテクニックがいる特徴ですが、男性へのアピールをしっかりする代わりに場をわきまえて出しゃばらない心がけも必要です。

男子が同性で盛り上がりたいシーンや他の誰かの“見せ場”となっているシーンでは、一歩引く心構えを。
“空気の読めない女”は、モテません。

(4)落とせない

『仲良くはなれるのになかなか落とせない存在って、知らず知らずのうちに夢中になっちゃってますね』(29歳/SE)

男子は恋愛において「追われると逃げたくなり、逃げられると追いたく」なります。
この心理を利用するなら、あなたは「落とせそうなのに落とせない」女になるべき。

デートの誘いには乗ってくれるのに、肝心な気持ちの部分が掴めない。
これくらいの温度感を目指して、意中の彼に接近してみましょう。


彼女にしたい女でいることは至難の技ですが、スキルを磨いてその座に君臨して居られればとても居心地のいいもの。
やりすぎて肝心の彼に諦められてしまわないように、計算はほどほどに。

(恋愛jp編集部)