コーデが残念な女性は、正直、女性のファッションにあまり詳しくない男性から見てもダサさや地味さがわかるもの。
そこで「もっと女性らしくしてほしい……」なんて思われてしまっては、恥ずかしくてたまりませんよね。

そこで今回は、残念コーデ女性の特徴について解説していきたいと思います。

(1)服のコンセプトが迷子

『結局どういうコンセプトなの?わけがわからない』(28歳/SE)

コーデがダサくなりがちな女性は、そもそも服のコンセプトが謎なものになりがちです。
季節感もなければ、色やテイストの統一感もない……そんな恐ろしいコーデになってしまいます。

そんなコーデを前にすれば、男性は誰だってドン引きするのは間違いなしです。
一緒にいたら、もはや他人のフリすらしたくなるほどですよ。

(2)コーデにメリハリがない

『全身真っ黒とかでメリハリがないのは残念かな』(29歳/営業)

コーデにメリハリがないことも、残念コーデ女性の特徴の一つ。
たとえば上下ともにもこもこ系の服を着ていて形のメリハリがなかったり、全身真っ黒で色のメリハリがなかったり……。

要するに組み合わせというものを理解していないので、お世辞にもおしゃれとは言い難いコーデになってしまいます。

(3)そもそもコーデがワンパターン

『いつもいつも同じようなコーデで、それは制服?』(31歳/企画)

残念コーデ女性は、そもそもコーデにあまりバリエーションがありません。
いつも同じようなコーデを繰り返します。

そのためとくにおしゃれ意識の高い男性は、この子ファッション誌とか読まないのかな……と感じることも多いでしょう。

(4)露出度を上げればいいと思っている感満載

『露出してれば男ウケするわけじゃないよ』(29歳/販売)

コーデが残念な女性は、考え方がどこか極端なので、男性に対しては露出度を上げればいいと勘違いしているフシがあります。
露出度を上げて色っぽい服装をすれば男性ウケすると思っているということですね。

だからこそコーデには季節感がなかったり、年齢不相応なミニスカを履いていたりすることが多いんです。


残念コーデ女性になってしまうと、どれだけ内面の魅力は高くても第一印象はマイナスなものになりがちです。
女性として、ファッションの研究をしてセンスを上げていくことは、もはや日常的な必須課題にしておきたいですね。

(恋愛jp編集部)

◆【毛の処理は脱毛一択!!】業界No.1コスパ&永久通い放題の脱毛サロンって?